土木研究所 トップへ
国立研究開発法人 土木研究所構造物メンテナンス研究センター
サイト内検索
CAESAR(シーザー):Center for Advanced Engineering Structural Assessment and Research English
CONTENTS
シーザーについて
シーザーとは
組織概要
活動内容
研究内容と成果
道路橋について
「橋」とはなにか
橋の維持管理
橋に関するリンク集
イベント
イベントのご案内
過去のイベント
広報
シーザーパンフレット
ニュースレター
プレスリリース・メディア掲載
マニュアル・基準類
道路橋等の設計、施工、維持管理に当たって参考となる知見
維持管理関係(点検・調査)
維持管理関係(補修・補強)
メンテナンス技術交流会
実験施設
関連リンク集
お問合せ
土木研究所HPへ
 
橋ものがたり

東北地方太平洋沖地震被災橋梁調査

UJNR作業部会G(橋梁ワークショップ)
CAESAR(シーザー)トップ > 東北地方太平洋沖地震で被災した地域の道路橋の調査
English
2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震で被害に遭われた方には心よりお見舞い申し上げま
す。

平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震(震源地:三陸沖、震源の深さ約24km(暫定値)、最大震度
7、M9.0(暫定値)により、多数の道路橋の被害が確認されています。

CAESARは、震災の直後より、国土交通省と合同で、被災地域の道路橋の調査を行っています。
その一部について報告します。

平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震土木施設災害調査速報
 (国総研資料第646号 土木研究所資料第4202号 平成23年7月)

・平成23年東北地方太平洋沖地震の緊急調査速報 土木技術資料第53巻、第5号(平成23年5月)
道路橋の被災状況とその特徴について
 国総研 道路研究部、土研 構造物メンテナンス研究C
 (東日本大震災調査報告会(H23/4/26、国総研・土木研究所・建築研究所)におけるプレゼン資料)

平成23年東北地方太平洋沖地震における道路関係施設の被災状況
 東北地方整備局 道路部 (国総研・土研CAESARが調査に協力)

東北地方太平洋沖地震による橋梁の被災調査概要報告(H23/3/12〜H23/3/18)

CAESARによる地震関連研究成果 (H20年度以降の土木刊行物のみ表示)
(その他の研究成果については、土木研究所HP 研究成果・技術情報をご参照下さい。)

1.土木研究所成果報告書

(1)平成21年度
土研成果報告書No. 報告書名 研究グループ
No,48 補強対策が困難な既設道路橋に対する耐震補強法の開発 橋梁構造研究
グループ
No,49 震災を受けた道路橋の応急復旧技術の開発に関する試験調査 橋梁構造研究
グループ

(2)平成20年度
土研成果報告書No. 報告書名 研究グループ
No,79 既設道路橋基礎の耐震性評価手法に関する研究 橋梁構造研究
グループ



2.土木研究所資料
土研資料No. 報告書名 執筆者 研究グループ 発行
年月
第4135号 鉄筋コンクリート橋脚模型に対する振動台加振実験結果の分析に基づく橋梁地震被災度判定手法の開発 運上茂樹、堺淳一 橋梁構造研究
グループ
2009.3
第4158号 過去の大規模地震における落橋事例とその分析 運上茂樹、星隈順一、
堺淳一、植田健介
橋梁構造研究
グループ
2009.12
第4168号 既設道路橋基礎の耐震性能簡易評価手法に関する研究 中谷昌一、星隈順一、白戸真大、西田秀明、谷本俊輔、横幕清、
豊島孝之
橋梁構造研究
グループ
2010.5

3.土木研究所報告
土研報告No. 報告書名 執筆者 研究グループ 発行
年月
No,213 インテリジェントセンサを用いた橋梁地震被災度判定手法に関する研究 運上茂樹、堺淳一 橋梁構造研究
グループ
2009.3

その他の発表論文は、シーザー研究成果ご参照下さい。
Copyright (c) Public Works Research Institute