土木研究所 トップへ
国立研究開発法人 土木研究所構造物メンテナンス研究センター
サイト内検索
CAESAR(シーザー):Center for Advanced Engineering Structural Assessment and Research English
CONTENTS
シーザーについて
シーザーとは
組織概要
活動内容
研究内容と成果
道路橋について
「橋」とはなにか
橋の維持管理
橋に関するリンク集
イベント
イベントのご案内
過去のイベント
広報
シーザーパンフレット
ニュースレター
プレスリリース・メディア掲載
マニュアル・基準類
道路橋等の設計、施工、維持管理に当たって参考となる知見
維持管理関係(点検・調査)
維持管理関係(補修・補強)
メンテナンス技術交流会
実験施設
関連リンク集
お問合せ
土木研究所HPへ
 
橋ものがたり

東北地方太平洋沖地震被災橋梁調査

UJNR作業部会G(橋梁ワークショップ)

CAESAR(シーザー)トップ >CAESARメンテナンス技術交流会

                      〜 趣  旨 〜

高度経済成長期に整備された我が国の社会資本が今後一斉に高齢化を迎える中、維持管理
・更新費の増大や深刻な損傷の多発が懸念されます。このため、損傷が比較的軽微な段階か
ら計画的に対策を行う予防保全型管理への転換や、重篤損傷発見時の適切な措置判断による
安全確保が必要となります。CAESARでは、このような要請に応えるため、検査、診断、予測
、補修、経過観察といった各段階で必要となる技術や管理システムについて研究開発を行っ
ています。
構造物メンテナンス技術の開発に際しては、他分野も含めた最新の技術情報を取り入れると
共に、実務で利用できるよう施設管理者の視点も不可欠です。このため、施設管理者、研究
者、技術者が一堂に会し、ニーズとシーズが出会う場、最新の技術情報が飛び交う場とし
て、「CAESAR メンテナンス技術交流会」を設立致しました。
技術交流会を通じて構造物メンテナンス技術の開発が促進され、もって、道路構造物等の社
会資本の管理の高度化に寄与し、安全かつ豊で質の高い国民生活の実現に資することを目的
としています。


      


    〜規約
    〜設立会合
    〜交流会の進め方
    〜入会のご案内
    〜第1回全体交流会〜
    〜実橋撤去部材(相見川海浜自転車道橋)の載荷試験〜
    〜軸方向ひび割れの生じたPC橋の調査〜
    〜津波により甚大な損傷を受けた橋梁の調査〜
                          

 
Copyright (c) Public Works Research Institute