土木研究所 トップへ
国立研究開発法人 土木研究所構造物メンテナンス研究センター
サイト内検索
CAESAR(シーザー):Center for Advanced Engineering Structural Assessment and Research English
CONTENTS
シーザーについて
シーザーとは
組織概要
活動内容
研究内容と成果
道路橋について
「橋」とはなにか
橋ものがたり
橋の基本構造
橋の種類1(上部構造の形式別)
橋の種類2(材料別)
基礎について
橋の維持管理
橋に関するリンク集
イベント
イベントのご案内
過去のイベント
広報
シーザーパンフレット
ニュースレター
プレスリリース・メディア掲載
マニュアル・基準類
道路橋等の設計、施工、維持管理に当たって参考となる知見
維持管理関係(点検・調査)
維持管理関係(補修・補強)
メンテナンス技術交流会
実験施設
関連リンク集
お問合せ
土木研究所HPへ
 
橋ものがたり

東北地方太平洋沖地震被災橋梁調査

UJNR作業部会G(橋梁ワークショップ)

CAESAR(シーザー)トップ > 道路橋について> 「橋」とはなにか > 橋ものがたり
橋ものがたり
エピソード5 橋というアート
横浜ベイブリッジ
橋は、人や物の交流や交易を果たすだけでなく、その土地のシンボルやランドマークとしての役割も担っています。

ローマ市内に残る石造りの美しいアーチ橋は、ローマ帝国時代の風情を今も鮮明に伝えています。

東京都の日本橋、山口県の錦帯橋、長崎県の眼鏡橋は、『日本三名橋』と呼ばれており、古い歴史を持った橋です。また近年では、レインボーブリッジや横浜ベイブリッジといった夜景も楽しめる人気のある橋が全国に点在しています。

橋は、その姿や形の美しさ等、人の心に残る景観、風景のひとつとしての魅力を持っています。
 
エピソード6 橋という文化
橋は、都市の発展や文化にも大きく影響してきました。

チェコ共和国にあるカレル橋は、1841年まで首都プラハの旧市街とその周囲をつなぐ唯一の橋でした。そのためプラハは、西欧と東欧の交易ルートとして重要な地位を占め、ローマやコンスタンティノーブル等と並ぶ、欧州最大の都市として栄え、発展しました。また芸術家が多く集められた文化の中心地でもあり、その繁栄ぶりは「黄金のプラハ」と呼ばれるほどでした。

ベッキオ橋の夕景
(写真:フォトライブラリー)
イタリア・フィレンツェのベッキオ橋は、当時の権力者、メディチ家の人々が、雨でも傘をささずに対岸の教会に行けるようにと架けたという説等があり、フィレンツェで最古の贅沢な橋です。橋は二重構造になっており、商業施設や宮殿と宮殿を結ぶ回廊が設けられています。今も橋の両側には宝石店や金細工店が立ち並び、当時の栄華を今に伝え、世界中の人々で賑わっています。

このように、橋は市場や広場といった機能を持つほか、その都市の発展に大きく影響しています。商業文化、観光文化を作り出す資源であり、文化という時代を映し出すもののひとつといえます。

<<戻る 1 2 3 4 次へ>>
 
Copyright (c) Public Works Research Institute