土木研究所 トップへ
独立行政法人 土木研究所構造物メンテナンス研究センター
サイト内検索
CAESAR(シーザー):Center for Advanced Engineering Structural Assessment and Research English
CONTENTS
シーザーについて
シーザーとは
シーザーとは
シーザーの使命
行政機関等へ技術支援
組織概要
活動内容
研究内容と成果
道路橋について
「橋」とはなにか
橋の維持管理
橋に関するリンク集
イベント
イベントのご案内
過去のイベント
広報
シーザーパンフレット
ニュースレター
プレスリリース・メディア掲載
マニュアル・基準類
道路橋等の設計、施工、維持管理に当たって参考となる知見
維持管理関係(点検・調査)
維持管理関係(補修・補強)
メンテナンス技術交流会
実験施設
関連リンク集
お問合せ
土木研究所HPへ
 
橋ものがたり

東北地方太平洋沖地震被災橋梁調査

UJNR作業部会G(橋梁ワークショップ)

CAESAR(シーザー)トップ > シーザーについて > シーザーとは > シーザーとは
シーザーとは
構造物メンテナンス研究センター (CAESAR) は、土木研究所の5つの研究組織の1つです。土木研究所は、大正10年に内務省土木局に道路材料試験所が発足したことに始まり、国の研究機関、独立行政法人、そして国立研究開発法人として90年の歴史を有します。その間、今日に至るまで、構造物の建設に関わる技術基準の策定、技術開発、災害対策の司令塔として無くてはならない存在となりました。

日本の土木構造物は、厳しい交通需要や自然環境にさらされてきただけでなく、老朽化が始まっており、構造物の健全性を評価し、維持管理する技術の確立を急ぐ必要があります。

そこで土木研究所は、研究組織を改組・発展させ、新設橋梁の設計施工、維持管理技術の高度化、長寿命化、これらに伴うトータルコスト縮減、災害時復旧の更なる迅速化をはじめとする、道路橋の安全管理のための構造技術に関わる総合研究機関であるCAESARを2008年4月1日に設置しました。

英語略称「CAESAR(シーザー)」について
常に斬新な政策のもと、確かなグランドデザインにより1000年にも及ぶ大ローマ帝国の礎を築いた英雄 Gaius Julius Caesar (ラテン語ではカエサル、英語ではシーザーと読みます) にちなんでいます。
 
Copyright (c) Public Works Research Institute