土木研究所 トップへ
独立行政法人 土木研究所構造物メンテナンス研究センター
サイト内検索
CAESAR(シーザー):Center for Advanced Engineering Structural Assessment and Research English
CONTENTS
シーザーについて
シーザーとは
シーザーとは
シーザーの使命
行政機関等へ技術支援
組織概要
活動内容
研究内容と成果
道路橋について
「橋」とはなにか
橋の維持管理
橋に関するリンク集
イベント
イベントのご案内
過去のイベント
広報
シーザーパンフレット
ニュースレター
プレスリリース・メディア掲載
マニュアル・基準類
道路橋等の設計、施工、維持管理に当たって参考となる知見
維持管理関係(点検・調査)
維持管理関係(補修・補強)
メンテナンス技術交流会
実験施設
関連リンク集
お問合せ
土木研究所HPへ
 
橋ものがたり

東北地方太平洋沖地震被災橋梁調査

UJNR作業部会G(橋梁ワークショップ)

CAESAR(シーザー)トップ > シーザーについて > シーザーとは > シーザーの使命
シーザーの使命
1.
現場の支援
損傷・変状の発生といった技術的課題を抱える個別橋の診断・処方など現場の技術支援を行う。また、この過程で蓄積された知見をとりまとめ、現場技術者等へ還元する。
2. 研究開発
既設橋に対して、通行止めをさせず橋としての機能を保持させる「計画的な保全」と、落橋させず利用者の安全を図る「安全管理」の2つを目的として、橋の社会的重要度や求められる管理レベルに応じた技術の開発を行う。特に、撤去橋などの既設橋を活用して行う調査研究を「臨床研究」と称して重点的に実施する。
また、大規模な地震等に対して安全安心な社会を実現するため、耐震性の高度診断・評価技術、補強対策技術、損傷橋の機能回復技術等の開発を行う。
これらの研究成果について、技術基準その他の技術資料に反映・公表する。
3. 情報交流の場
維持管理技術の集積拠点として、現場の道路管理者や大学、民間、海外の機関との連携を通じて、最新の技術情報が集まり、技術交流・情報発信が行える場を整える。また、広く技術者や研究者を受け入れ、ともに問題解決に取り組むとともに、人材の育成を継続的に行う。
 
Copyright (c) Public Works Research Institute