土木研究所 トップへ
独立行政法人 土木研究所構造物メンテナンス研究センター
サイト内検索
CAESAR(シーザー):Center for Advanced Engineering Structural Assessment and Research English
CONTENTS
シーザーについて
シーザーとは
組織概要
組織
体制
メンバー紹介
活動内容
研究内容と成果
道路橋について
「橋」とはなにか
橋の維持管理
橋に関するリンク集
イベント
イベントのご案内
過去のイベント
広報
シーザーパンフレット
ニュースレター
プレスリリース・メディア掲載
マニュアル・基準類
道路橋等の設計、施工、維持管理に当たって参考となる知見
維持管理関係(点検・調査)
維持管理関係(補修・補強)
メンテナンス技術交流会
実験施設
関連リンク集
お問合せ
土木研究所HPへ
 
橋ものがたり

東北地方太平洋沖地震被災橋梁調査

UJNR作業部会G(橋梁ワークショップ)

CAESAR(シーザー)トップ > シーザーについて > シーザーとは > 組織概要 > 組織
組織
シーザーは、橋梁のメンテナンスに関すること、土木構造物の地震被害の防止、軽減に関すること、橋梁の上部構造、下部構造及びその他コンクリート構造に関することの技術開発、研究を行います。橋梁の補修、健全性予測評価、点検・検査技術、また、設計施工や耐震設計、これらを統合する総合的な維持管理体系に関する専門技術者・研究者からなる総合力に富む組織です。また、道路管理者から緊急かつ集中的に高度な技術協力が求められる課題については、専従の専門対策ユニットを臨時で編制する等、柔軟性を有しています。

なお、橋梁に関して必要な研究のうち、土を含む材料の性質に関するもの、また、寒地特有の事象が主であるものについては、シーザーの方針・コーディネイトのもと、土木研究所の総合力を活かし、つくば中央研究所や寒地土木研究所からの併任職員と一体となり研究を実施したり、関連分野との連携を図りつつ課題の解決を図っています。
組織図
 
Copyright (c) Public Works Research Institute