土木研究所 トップへ
独立行政法人 土木研究所構造物メンテナンス研究センター
サイト内検索
CAESAR(シーザー):Center for Advanced Engineering Structural Assessment and Research English
CONTENTS
シーザーについて
シーザーとは
組織概要
組織
体制
メンバー紹介
活動内容
研究内容と成果
道路橋について
「橋」とはなにか
橋の維持管理
橋に関するリンク集
イベント
イベントのご案内
過去のイベント
広報
シーザーパンフレット
ニュースレター
プレスリリース・メディア掲載
マニュアル・基準類
道路橋等の設計、施工、維持管理に当たって参考となる知見
維持管理関係(点検・調査)
維持管理関係(補修・補強)
メンテナンス技術交流会
実験施設
関連リンク集
お問合せ
土木研究所HPへ
 
橋ものがたり

東北地方太平洋沖地震被災橋梁調査

UJNR作業部会G(橋梁ワークショップ)

CAESAR(シーザー)トップ > シーザーについて > シーザーとは > 組織概要 > 体制
体制
 
基本編制 :必要に応じた要員編制
研究ニーズへの機動的な対応とともに、橋梁分野の幅広い領域をカバーし、かつ総合的な取り組みを可能にするため、各分野(上部構造や下部構造等)を担当する上席研究員(4名)を配置。 それら上席研究員のもと、研究テーマに応じ必要な研究者を編制します。(従来の研究チーム制を改編。)
 
特徴 :総合的な研究体制
各分野を横断した技術的課題であり橋梁のメンテナンス各段階で必要となる「検査技術」、「予測評価技術」、「補修補強技術」や「管理システム」についての対応を考慮した編制です。橋梁の上部から下部構造までを全体系として捉え、複合化する事象、課題に対し総合的に研究できる体制で取り組んでいます。
 
専門対策ユニットの設置(臨時編制)
鋼橋の疲労等、道路管理者から緊急かつ集中的な対応が求められる高度な技術力を要する課題については、必要に応じて外部の専門家を招き、当研究員とともに専門対策ユニットを臨時で編制する等、柔軟性を有する組織としています。
 
Copyright (c) Public Works Research Institute