土木研究所 トップへ
独立行政法人 土木研究所構造物メンテナンス研究センター
サイト内検索
CAESAR(シーザー):Center for Advanced Engineering Structural Assessment and Research English
CONTENTS
シーザーについて
シーザーとは
組織概要
活動内容
「荒廃する日本」にしないための研究
「災害脆弱国家・日本」としないための研究
基準化・標準化・症例の共有
情報発信-技術開発のマネジメント
国際的な情報収集と連携
研究内容と成果
道路橋について
「橋」とはなにか
橋の維持管理
橋に関するリンク集
イベント
イベントのご案内
過去のイベント
広報
シーザーパンフレット
ニュースレター
プレスリリース・メディア掲載
マニュアル・基準類
道路橋等の設計、施工、維持管理に当たって参考となる知見
維持管理関係(点検・調査)
維持管理関係(補修・補強)
メンテナンス技術交流会
実験施設
関連リンク集
お問合せ
土木研究所HPへ
 
橋ものがたり

東北地方太平洋沖地震被災橋梁調査

UJNR作業部会G(橋梁ワークショップ)

CAESAR(シーザー)トップ > シーザーについて > 活動内容 > 基準化・標準化・症例の共有
基準化・標準化・症例の共有
1. 要求性能の提示、評価の基準化   
   CAESARは、これまでの仕様規定から脱却し、設計・施工の精度向上に向けた技術的な努力が報われるような、新しい基準体系の実現を目指します。個々の要素技術に対して求める性能やそれを満足することを検証するための方法を基準や指針、 CAESARが出版する技術資料を通じて提示します。
1. 信頼性に基づき安全係数や制限値を設定する設計体系を実現するための研究
2. 要求性能を評価するための評価技術の確立のための研究。たとえば、
 
- 床版の疲労耐久性を検証するための輪荷重走行試験機による標準試験法
- 橋脚柱の地震時変形性能を評価するための標準試験法
これらは土木研究所が開発したものです。
供用中の構造物の維持管理 (点検、診断、補修・補強等の措置) や耐震補強の技術についても、将来の標準化や基準化に向けて、様々な技術資料を提供しています。
2. ナレッジの共有・技術支援
   個別の既設橋に対してCAESARが技術支援を行い、問題解決が行われた事例についても、広く役立てていただけるように、雑誌「月刊 土木技術資料(発行:土木研究センター)」において「現場に学ぶメンテナンス」というタイトルで連載されていますのであわせて御覧下さい。また、道路管理者のインハウスエンジニアへの技術研修、民間研修機関の技術研修、及び広く一般の技術者を対象とした各種の技術講習会に、講師を派遣して、道路橋の設計・施工・維持管理について講義を行っています。
                                        
2009年8月 現場からの警鐘〜深刻化する劣化・損傷の実態と教訓〜
鋼トラス橋のコンクリート埋込み部材の腐食への対応事例
2009年10月 鋼部材の疲労き裂について(その1)−道路橋の主桁−
2009年12月 鋼部材の疲労き裂について(その2)−鋼製橋脚隅角部−
2010年7月 吊材破断時の安全対策−PCアーチ橋の事例−
2011年1月 橋脚基礎の洗掘への対応事例
2011年3月 橋台基礎の洗掘への対応事例
2011年5月 軸方向鉄筋にSD490を用いるRC中空断面橋脚の耐震性について
2011年8月 鋼材部の疲労き裂について(その3)−鋼床版−
2011年11月 アルカリ骨材反応により劣化した橋台の補修事例
2011年12月 橋台基礎の震災復旧対応事例
2012年2月 地震により変形したゴムの支承の震災復旧対応事例
2012年5月 PC鋼材の腐食損傷への対応事例−妙高大橋グラウト未充填と鋼材腐食の調査−
2012年8月 橋脚基礎の洗掘への緊急復旧対応事例
2013年1月 ゲルバーヒンジ部補強吊り部材脱落の対応事例
2013年7月 アルカリ骨材反応が生じたPC橋の調査、診断と対応事例
2014年3月 吊橋の主ケーブル一部破断時の対応事例
2014年8月 橋台の側方移動への対応事例
2015年1月 損傷が生じたRC橋脚に対する診断と維持管理への対応事例

 
Copyright (c) Public Works Research Institute