国立研究開発法人 土木研究所

研究活動

土木構造物の経済的な耐震補強技術に関する研究

 地震防災対策の一つとして既設構造物の耐震補強があります。各種の土木構造物の耐震補強を実施する場合、施工の困難な橋梁基礎の補強、液状化に対する堤防の大規模な地盤改良等、現在の技術水準ではコスト面で実施上の制約が大きくなっています。

 本研究プロジェクトでは新たな視点として構造物の全体系としての耐震性あるいは地震時変形特性を考慮することにより、合理的かつより経済的な土木構造物の耐震補強技術を開発しています。

土木構造物の経済的な耐震補強技術に関する研究