国立研究開発法人 土木研究所

研究活動

のり面・斜面の崩壊・流動災害軽減技術の高度化に関する研究

 近年、豪雨や地震、火山噴火に伴う斜面崩壊や土石流などが集落や道路などに被害を及ぼす土砂災害が頻発しています。このため、防災技術を高度化し、これらの災害を軽減することが大きな社会的課題の一つとなっています。そこで、GISやITなどの新技術を用いた道路のり面や斜面のモニタリング技術、ハザードマップの作成技術、対策工の最適配置や設計手法およびリスクマネジメント技術の開発を目的として研究を進めています。

のり面・斜面の崩壊・流動災害軽減技術の高度化に関する研究