国立研究開発法人 土木研究所

研究活動

社会資本ストックの健全度評価・補修技術に関する研究

 21世紀を迎え、膨大な量のストックに達した社会資本の維持管理が重要な社会問題となっています。このため、ライフサイクルコストを考慮した新たなメンテナンスシステムの体系化が必要となっています。そこで、構造物の健全度を正確に評価する技術、健全度レベルに応じて適切に補修・補強する技術、さらに、限られた予算で最も効果的な構造物の補修・補強を行うための維持管理マネジメントの構築を目的に研究を進めています。

社会資本ストックの健全度評価・補修技術に関する研究