国立研究開発法人 土木研究所

新着情報一覧

  • HOME
  • 新着情報一覧

新着情報一覧

2018年度(平成30年度)

平成30年度 | 平成29年度 | 平成28年度 | 平成27年度

  4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月

2018年6月

2018/06/14
・平成30年8月1日(水)「第2回 iMaRRCセミナー」を開催します
2018/06/12
2018/06/08
・平成30年7月13日(金)、7月14日(土)「寒地土木研究所一般公開」を開催します(寒地)
2018/06/07
 申込期限:2018年7月5日(木)17時必着
2018/06/07
「研究紹介(研究成果)」(雪崩・地すべり研究センター)を更新しました
2018/06/05
「平成14年度版水文観測」(水文チーム)を掲載しました

2018年5月

2018/05/31
「ARRCNEWS vol.14」(自然共生研究センター)を更新しました
2018/05/29
「研究成果(論文リスト)」(河川生態チーム)を更新しました
2018/05/29
【北の道リサーチニュース:第176号(2018年5月)】を発行しました(寒地・寒地道路研究グループ)を更新しました
2018/05/25
「研究成果」(火山・土石流チーム)を更新しました
2018/05/25
「研究成果」(地質チーム)を更新しました
2018/05/25
「堤防決壊時に行う緊急対策工事の効率化に向けた検討資料(案)」(寒地・寒地河川チーム)を掲載しました
2018/05/23
 申込期限:2018年6月29日(金)17時必着
2018/05/21
・「国立研究開発法人土木研究所情報システム運用支援業務民間競争入札実施要項(案)」に対する意見募集についてを掲載しました
(募集は終了致しました)
2018/05/17
「ワイヤーロープ式防護柵のホームページを開設しました」(寒地・寒地道路研究グループ)を更新しました
2018/05/16
「実験施設一覧表」(寒地)を更新しました
2018/05/10
・平成30年度 国立研究開発法人土木研究所夏期実習生を募集します
(募集は終了致しました)
2018/05/08
2018/05/01
非常勤職員(つくば・事務補助)を1名募集します
(募集は終了致しました)
2018/05/01
「研究紹介」、「研究成果(発表論文)」(先端技術チーム)を更新しました

2018年4月

2018/04/27
「ニュースレター第48号」(水災害・リスクマネジメント国際センター(ICHARM))を発行しました
2018/04/27
「研究論文等の一覧」(自然共生研究センター)を更新しました
2018/04/26
2018-04-26【ニュース】「土木学会北海道支部技術賞」を受賞(寒地・寒地地盤チーム)を更新しました
2018/04/25
・平成30年6月14日(木)「土研新技術ショーケース2018 in 大阪」を開催します
(終了致しました)
2018/04/24
2018/04/24
2018/04/24
2018/04/23
・専門研究員(つくば・道路技術研究グループ)を1名募集します
(募集は終了致しました)
2018/04/23
2018/04/20
2018/04/16
「構内の気象・積雪観測資料(積雪期)」(雪崩・地すべり研究センター)を更新しました
2018/04/16
ホームページのデザインをリニューアルしました
(先端材料資源研究センター(iMaRRC))
2018/04/16
「河川流量観測用流速計検定のご案内」
(水文チーム)を掲載しました
2018/04/13
(終了致しました)
2018/04/09
「南雲直子専門研究員が「2017年度日本地理学会賞(論文発信部門)」を受賞しました」(水災害・リスクマネジメント国際センター(ICHARM))を掲載しました
2018/04/06
※申込を締め切りました。iTECS法は、iTECS技術協会で引き続き募集受付が行われます。
2018/04/06
「研究成果」(火山・土石流チーム)を更新しました
2018/04/05
(終了致しました)
2018/04/05
「スリランカで「第2回 水のレジリエンスと災害プラットフォームに関する会議」を開催しました」(水災害・リスクマネジメント国際センター(ICHARM))を掲載しました
2018/04/05
2018-04-04【ニュース】主な研究内容(寒地・寒地地盤チーム)を更新しました
2018/04/03
2018/04/03
・非常勤職員(つくば・事務補助)を1名募集します
(募集は終了致しました)
2018/04/03
研究内容の紹介(寒地・耐寒材料チーム)を更新しました 他3件
2018/04/02
「研究内容」、「研究施設」(土質・振動チーム)を更新しました