物理探査・土木技術に関する情報を提供します.

地震被災堤防に対する統合物理探査

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震では東北地方のみならず関東地方でも多くの土木構造物が甚大な被害を被りました.当研究所近くを流れる小貝川でも100か所近くで堤防に亀裂が走るなどの被害を受け,管理する国土交通省下館河川事務所によって応急復旧が進められています.土木研究所では河川堤防に対する「統合物理探査」技術の開発を推進してきており,河川事務所と連携して地震被災堤防の健全度調査への適用性を検討してきています.