物理探査・土木技術に関する情報を提供します.

那珂川水系藤井川にてフィールドデモ実施

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震では関東地方の河川堤防も多くの箇所で甚大な被害が生じました.外見では無被害に見える堤防でも内部に損傷を受けている可能性があり,非破壊でかつ迅速に堤防の内部状態をイメージングすることができる統合物理探査への期待が高まっています.そこで関東地方整備局と連携し,土木研究所が実施する統合物理探査を河川技術者に公開するフィールドデモを実施してきました.2011年11月には関東技術事務所の協力を得て那珂川水系藤井川で統合物理探査を実施するとともに,現場説明会を催しました.今回のフィールドデモには30名を越える見学者が集まり,探査技術の詳細や安全性評価のプロセスに多くの質問が寄せられ,堤防の安全管理に対する熱意を感じることが出来ました.

#