物理探査・土木技術に関する情報を提供します.

堤防開削部で統合物理探査

物理探査特命担当では平成22年度より中部地方整備局河川工事課と連携し,統合物理探査によって堤体内部の物性構造をどの程度把握できるか,について実験による検証を進めてきています.その一環として,平成24年度に揖斐川水系牧田川の樋管改修に伴う堤防開削区間において,小規模な統合物理探査を実施しました.また開削後に比較計測,断面調査を行ないました.

開削前に堤防天端で実施した縦断方向の探査結果です.改修予定の樋管埋設部付近に局所的に高比抵抗・低S波速度の堤体材料が使用されていることがわかりました.なおこの断面には堤防上で実施したコーン貫入試験(CPT/HPT)の測定データを重ねて表示してあります.

堤防横断方向に測線を設定して解析したS波トモグラフィ探査断面と比抵抗トモグラフィ解析断面です.この図にもコーン貫入試験データを重ね書きしてありますが,トモグラフィ探査によって堤体の内部構造を詳細に把握することが可能であることがわかります.

開削面で測定した比抵抗値の分布と,開削前のトモグラフィ断面を比較してみました.堤体上半部が低比抵抗であること,小段部から川裏側の表層が相対的に高比抵抗であること,堤体下半部では川表側から中心部にかけて相対的に高比抵抗である,という特徴が共通して認められ,開削前のトモグラフィ探査結果が,堤体内部構造をよく反映していることが確認できました.