実験河川を活用して河川における自然環境の保全・復元方法について調査・研究を行っております

English サイトマップ お問い合わせ
独立行政法人 土木研究所 自然共生研究センター サイト内検索

センター紹介
自然共生研究センターとは
研究課題
研究者の一覧
研究成果
ARRCNEWSより
活動レポートより
研究論文等の一覧
研究コラム
技術相談
技術相談について
技術相談の例
イベント
最近のイベント
過去のイベント
ダウンロード
ARRCNNEWS
活動レポート
動画
利用案内
見学のご案内
交通アクセス
イベント
HOME > イベント > 過去のイベント
自然共生研究センター研究報告会 2004

日 時 名古屋会場:平成16年11月25日・東京会場:平成16年11月26日
会 場 名古屋 : 名古屋逓信会館 ユニオンホール
東  京 : 発明会館 ホール

1.独立行政法人土木研究所理事長のご挨拶。名古屋会場234名、東京会場188名ご参加いただきました。どうもありがとうございました。 
2.報告会は第1部(水際環境と水生生物)と第2部(川の生態系を支える洪水の役割)それぞれ、1時間程度発表し、その後質疑応答を行いました。  
3.第一部終了後の質疑応答の様子。会場からは水際と生物との関係について様々な質問が寄せられました。  
 今回の報告会では「水際環境と水生生物」、「川の生態系を支える洪水の役割」と題して、自然共生研究センターで実施してきた研究成果を、名古屋・東京の2会場で報告しました。

第1部 講演 〜水際環境と水生生物〜
1:水際域における研究の現状と課題  河口 洋一
2:実験河川を用いた水生生物にとっての水際植物の機能評価と代替工作物による機能の復元  河口 洋一
3:実際の河川における水際域の機能評価  長谷川 浩二
4:コイ科稚仔魚の生息(避難)場所としての水際環境  佐川 志朗

第2部 講演 〜川の生態系を支える洪水の役割〜
1:洪水攪乱に関する研究の現状    田代 喬
2:洪水が陸域環境に与える影響  松間 充
3:流量、攪乱×河床付着物−アユの餌資源としての観点から−  皆川 朋子
4:河川における有機物の動態と洪水の役割−自浄作用と自濁作用− 萱場 祐一



スケジュールと発表内容 (PDF 17KB)
2004年度研究報告会 ご案内

PAGETOP↑
国立研究開発法人 土木研究所
自然共生研究センター

〒501-6021 岐阜県各務原市川島笠田町官有地無番地
TEL : 0586-89-6036 FAX : 0586-89-6039
Copyright © PWRI, Japan. All Rights Reserved.