実験河川を活用して河川における自然環境の保全・復元方法について調査・研究を行っております

English サイトマップ お問い合わせ
独立行政法人 土木研究所 自然共生研究センター サイト内検索

センター紹介
自然共生研究センターとは
研究課題
研究者の一覧
研究成果
ARRCNEWSより
活動レポートより
研究論文等の一覧
研究コラム
技術相談
技術相談について
技術相談の例
イベント
最近のイベント
過去のイベント
ダウンロード
ARRCNNEWS
活動レポート
動画
利用案内
見学のご案内
交通アクセス
イベント
HOME > イベント > 過去のイベント
岐阜県関市で二枚貝の保全活動を行いました

日 時 2006年11月17日(金)
会 場 岐阜県関市の農業排水路 
協 力 岐阜・美濃生態系研究会,関市役所,水田の地権者,瀬尻小学校4年生,岐阜大学,河川環境研究所,自然共生研究センター

1.「この貝、しってるカイ?」と題した環境教育プログラムを実施しました。
2.解説パネルで、二枚貝の生態を学びました。 
3実際に4種類の二枚貝に触れてみました 
4.解説シートで二枚貝の種類を確認します
5.二枚貝の放流を見守ります。みんなで放流できるように増えると良いですね。
6. 二枚貝に卵を産むタナゴや、水路に棲んでいる魚の観察も行ないました。
岐阜県関市の農業排水路の一部では、4種類の淡水二枚貝が生息しています。


タナゴ類は二枚貝に産卵することや、二枚貝の幼生がヨシノボリ等の魚類に寄生することから、二枚貝の生息する水域は豊な生態系を維持しているとも言えます。


現在これらの二枚貝を保全するため、様々な団体が協力して活動を実施しています。


2006年11月17日、自然共生研究センターを含む7つ関係者が、協働で二枚貝の放流活動を行いました。


およそ100個体の二枚貝は、地域の小学生の手伝もあり無事に水路へ放流されました。


【関連リンク】
論文のダウンロード:PDFファイル 484KB
「イシガイ類流路内分布とその規定要因の抽出:生息場所の保全・再生に向けて」(根岸淳二郎 研究員)
応用生態工学会大10回研究発表会講演集,2006.

PAGETOP↑
国立研究開発法人 土木研究所
自然共生研究センター

〒501-6021 岐阜県各務原市川島笠田町官有地無番地
TEL : 0586-89-6036 FAX : 0586-89-6039
Copyright © PWRI, Japan. All Rights Reserved.