実験河川を活用して河川における自然環境の保全・復元方法について調査・研究を行っております

English サイトマップ お問い合わせ
独立行政法人 土木研究所 自然共生研究センター サイト内検索

センター紹介
自然共生研究センターとは
研究課題
研究者の一覧
研究成果
ARRCNEWSより
活動レポートより
研究論文等の一覧
研究コラム
技術相談
技術相談について
技術相談の例
イベント
最近のイベント
過去のイベント
ダウンロード
ARRCNNEWS
活動レポート
動画
利用案内
見学のご案内
交通アクセス
イベント
HOME > イベント > 過去のイベント
応用生態工学会第11回大会に参加しました

日 時 2007年9月15日(土)〜17日(月)
会 場 名古屋大学

1.皆川主任研究員の口頭発表
2.根岸研究員の口頭発表 
3片野専門研究員のポスター発表 
4.佐川専門研究員のポスター発表
5.秋野交流研究員のポスター発表
6. 青木交流研究員のポスター発表
応用生態工学会第11回大会が、2007年9月15日から9月17日まで、名古屋大学で開催されました。自然共生研究センターからは、皆川主任研究員と根岸研究員が口頭発表、佐川専門研究員、秋野交流研究員、青木交流研究員、片野専門研究員がポスター発表を行ないました。今回、片野専門研究員はポスター賞を受賞致しました。

≪口頭発表≫

「非出水期におけるダム下流の河床付着膜の特徴と支川流入の影響−ダムによる河床付着膜への影響の類型化の試み−」
皆川 朋子 主任研究員

「木曽川ワンド群における自然環境の変遷と現状:淡水二枚貝の生息場所としての評価」
根岸 淳二郎 研究員

≪ポスター発表≫

「石の隙間の微環境特性および魚類利用形態の変化様式−実験水路を用いた個々の間隙レベルでの定位置観察−」
佐川 志朗 専門研究員

「新境川における河川護岸タイプの類型化と魚類生息量の季節変化」
秋野 淳一 交流研究員

「木杭群設置によるオイカワの定着場所特性−実験水路を用いた個体レベル観察−」
青木 繁幸 交流研究員

「支川流入によるダム下流生態系の改善:支川の規模と流入地点による比較」
片野 泉 専門研究員
PAGETOP↑
国立研究開発法人 土木研究所
自然共生研究センター

〒501-6021 岐阜県各務原市川島笠田町官有地無番地
TEL : 0586-89-6036 FAX : 0586-89-6039
Copyright © PWRI, Japan. All Rights Reserved.