実験河川を活用して河川における自然環境の保全・復元方法について調査・研究を行っております

English サイトマップ お問い合わせ
独立行政法人 土木研究所 自然共生研究センター サイト内検索

センター紹介
自然共生研究センターとは
研究課題
研究者の一覧
研究成果
ARRCNEWSより
活動レポートより
研究論文等の一覧
研究コラム
技術相談
技術相談について
技術相談の例
イベント
最近のイベント
過去のイベント
ダウンロード
ARRCNNEWS
活動レポート
動画
利用案内
見学のご案内
交通アクセス
イベント
HOME > イベント > 過去のイベント
「パックテストと水生昆虫とで考える川の環境」を開催しました

日 時 2008年6月5日(木)
会 場 自然共生研究センター 実験河川

1.実験河川にはどんな水生昆虫が棲んでいるのかな?川底はどうなっているのかな?詳しく調べるために研究棟に持ち帰りました。
2.水質調査のために、実験河川の水を採取しています。きれいに見える水だけど、汚れはあるのかな? 
3パックテストで水質を調査します色の変化から、水質を知ることができ、簡単に調べることができます。 
4.マイクロスコープ(顕微鏡)で水生昆虫を観察します。川にはたくさんの水生昆虫が棲んでいるんですね。
5.調査の結果、実験河川の水は少し汚れていました。原因は何だろう?自分達に出来ることはあるのかな?
6. 調べたことを発表しました。みんなで、いろいろな生き物が棲める豊かな川を残していきたいですね。
中学校1年生13名が自然共生研究センターを訪れ、実験河川の環境調査を行いました。


生徒達は、実験河川の水と川底の石や砂を研究棟に持ち帰り、パックテストを使った水質調査と、川底に棲む水生昆虫を調べました。


パックテストとは、簡単な水質分析器です。今回はCOD、PH、りん酸、アンモニウムなど、6項目を調べました。調査の結果、実験河川の水は少し汚れた水だということが分かり、きれいに見える水でも目に見えない汚れがあることを知りました。


河川では棲んでいる水生昆虫を調べることで、その川の環境を知ることができます。


今回は採取した水生昆虫の種類を調べるためマイクロスコープ(顕微鏡)を使って観察しました。その結果、ヒルやユスリカ、コガタシマトビケラが見つかり、実験河川の水は少し汚れていることが分かりました。


生徒達は、川の水を汚しているのは生活排水が主な原因だということを知り、「食べ残しはしない」「米のとぎ汁を植物の水やりにつかう」など、自分が行動できることはなにかを考え、最後に調べたことを発表しました。


川に棲む小さな生き物達に目を向け、川の水質について考えるきっかけになってくれればと思います。


※パックテストは(株)共立理化学研究所の登録商標です
PAGETOP↑
国立研究開発法人 土木研究所
自然共生研究センター

〒501-6021 岐阜県各務原市川島笠田町官有地無番地
TEL : 0586-89-6036 FAX : 0586-89-6039
Copyright © PWRI, Japan. All Rights Reserved.