実験河川を活用して河川における自然環境の保全・復元方法について調査・研究を行っております

サイトマップ お問い合わせ リンク English
独立行政法人 土木研究所 自然共生研究センター サイト内検索

センター紹介
自然共生研究センターとは
研究課題
研究者の一覧
研究成果
ARRCNEWSより
活動レポートより
研究論文等の一覧
研究コラム
環境評価ツール
技術相談
技術相談について
技術相談の例
イベント
最近のイベント
過去のイベント
ダウンロード
ARRCNNEWS
活動レポート
動画
利用案内
見学のご案内
交通アクセス
研究成果
HOME > 研究成果 > 活動レポートより
活動レポートより
活動レポートは、年度ごとに発行しているアニュアルレポートで、研究成果をQ&A方式でわかりやすくまとめています。
H27〜26  H25〜24  H23〜22  H21〜20  H19〜18  H17〜16  H15〜14  
H13〜11

平成27年度研究成果
高水敷掘削後に形成されるワンド・たまりの数と二枚貝の生息量は経年的に変化しますか?
治水・環境・維持管理計画のサポートするための具体的な指標ツールはありますか?  

大型コンクリートブロックにおける景観上の配慮のポイントは何ですか?
河床に細粒土砂が堆積して石礫が埋没すると、アユにどのような影響がありますか?

淵に土砂が堆積し水深が減少するとどのような魚類に影響しそうですか?
河床に砂を供給した後、付着藻類の現存量はどのように変化しますか?

平成26年度研究成果
二枚貝の生息に適した「たまり」の幅を教えて下さい。
河川環境を定量的に評価するツールはありますか?  

環境が劣化した中小河川で瀬・淵を創出するにはどうすればよいですか?
河川景観保全のために必要な緑化ブロックの植被率について教えて下さい。

川が濁るとアユはどのような行動をとるのでしょうか?
ダム下流の河床材料の変化が魚類に及ぼす影響を評価する方法はありますか?

研究に関する情報の展示には、どのようなメディアが適しているのでしょうか?


PAGETOP↑
国立研究開発法人 土木研究所
自然共生研究センター

〒501-6021 岐阜県各務原市川島笠田町官有地無番地
TEL : 0586-89-6036 FAX : 0586-89-6039
Copyright © PWRI, Japan. All Rights Reserved.