実験河川を活用して河川における自然環境の保全・復元方法について調査・研究を行っております

サイトマップ お問い合わせ リンク English
独立行政法人 土木研究所 自然共生研究センター サイト内検索

センター紹介
自然共生研究センターとは
研究課題
研究者の一覧
研究成果
ARRCNEWSより
活動レポートより
研究論文等の一覧
研究コラム
環境評価ツール
技術相談
技術相談について
技術相談の例
イベント
最近のイベント
過去のイベント
ダウンロード
ARRCNNEWS
活動レポート
動画
利用案内
見学のご案内
交通アクセス
研究成果
HOME > 研究成果 > 研究コラム
研究コラム

河川環境の研究    

       
護岸ブロックの明度計測方法 寄り洲を形成し、川の形と流れに変化を与える「バーブ工」

       
砂が流れることの重要性 木曽川のワンド環境改善の取り組み

童謡にも歌われる「故郷の春の小川」を取り戻すために 高水敷切下げ時期に配慮し樹林化の抑制を

アユは河床付着膜に対して選択性があるか? 生物の移動経路としての河岸の機能

魚類の洪水時の避難場所:河道の動と不動の重要性 発電ダム下流の状況回復に伴う河川環境の変化

砂鉄川での取り組み 生物の摂食と河床の健全性

ダム下流の河川生態系 二枚貝の生息環境

川底の小さな仲間たち 夜の川

小さな川に棲む魚 ハビタットを評価するテクニックHEP(ヘップ)

川底の石の表面の状態は流況のバロメーター(付着藻類編) 魚の子供たちの棲んでいる場所

護岸と水際域 米国における河川の自然環境研修

米国における河川の
自然環境研修
魚類生息場所の分布と構造

森と川のつながり(2) 植物と水質

川底の生き物と細粒土砂と流域 米国における河川の自然環境の復元とその現状

水族館の展示を見て 森と川のつながり(1)

河辺に広がるマダケ林 寄生虫から見た生態系

河原にはどんな昆虫が
生息する?

NO IMAGE 世界で進む、河川の自然復元

20世紀型技術と多自然川づくり 時とともに移り変わる木曽川の河原

なぜ?場所によって大きさや形が違う川の石 川底は水生昆虫ハビタット

河川環境の情報発信    

-アザメの瀬自然環境学習センター-
地域住民が支える氾濫原の再生
ポイントブックVが発刊となりました!!

-水辺共生体験館-
「流程ごとに川の環境を展示する」
-Biyoセンター-
湖岸につくられた水質浄化の実験施設

-東京都下水道局-
蔵前水の館
-アクア・トト ぎふ-
「アユの棲む場所」

-山口県立きらら浜自然観察
公園-「観察ホール」
サイプレス・スワンプ

-紫江‘S水環境館-
「河川観察窓」
-目黒寄生虫館-
「1,2階・展示室」

-東京都葛西臨海水族園内-
「水辺の自然」
-アクアマリンふくしま4F-
「ふくしまの川と沿岸」

PAGETOP↑
国立研究開発法人 土木研究所
自然共生研究センター

〒501-6021 岐阜県各務原市川島笠田町官有地無番地
TEL : 0586-89-6036 FAX : 0586-89-6039
Copyright © PWRI, Japan. All Rights Reserved.