[トップへ]  [トピックへもどる]

岐阜県揖斐川町東横山地すべりについて


平成18年5月12日から13日にかけて、岐阜県揖斐川町東横山地区において、幅約150m×高さ約90mにわたる地すべり災害が発生しました。土砂によって町道下山線が分断され、崩落土砂の一部が揖斐川に流入しました。
  土木研究所地すべりチームでは岐阜県からの派遣要請を受け、現地踏査ならびに技術指導を実施しました(同年5月14日)。 今回の調査結果については土木技術資料7月号に掲載される予定です。

 

東横山地区で滑落した地すべりの全景(5月14日撮影)

 

滑落崖の様子(5月14日撮影)

揖斐川内に堆積した崩落土砂の様子(5月14日撮影)


地すべり発生映像

  大規模な崩壊が発生する前に、落石や小規模な崩壊が頻発していることが分かります。

 

発生日時

地すべり映像※

概 要

平成18年5月12日(金) 20時00分      [320×240, 150kbps, 1.76MB] 地すべりのほぼ中央部、町道のり面において、高さ約20m,幅約20mの小規模な崩壊が発生した。
平成18年5月12日(金) 22時37分      [320×240, 150kbps, 5.48MB] 地すべりの東側と西側中腹部において、高さ約70m,幅約90mの大規模な崩壊が発生した。
平成18年5月13日(土) 7時57分      [320×240, 150kbps, 2.88MB] 地すべりの西側において、高さ約90m,幅約90mの最大規模の崩壊が発生した。これにより、揖斐川の川幅の約半分が埋積された。

※撮影:越美山系砂防事務所
(動画の使用許諾の問い合わせ先は、越美山系砂防事務所調査品質確保課です。)

[関連HP] 国土交通省 越美山系砂防事務所
     国土地理院 : 岐阜県揖斐川町東横山地すべり関連ページ
     

 [トップへ]  [トピックへもどる]

 

独立行政法人 土木研究所 土砂管理研究グループ 地すべりチーム
TEL : 029-879-6787、 FAX : 029-879-6729
Copyright (C) 2010 独立行政法人土木研究所