[トップへ]  [トピックへもどる]

中越沖地震地震で発生した斜面崩壊についての合同現地調査


2007年7月16日午前10時13分に発生した新潟県中越沖地震(震源地:新潟県上中越沖、震源の深さ:約17km、M6.8(暫定値))により、新潟県長岡市、柏崎市、刈羽村、長野県飯綱町において震度6強の揺れが観測されました。地すべりチームでは17日、国土技術政策総合研究所砂防研究室、北陸地方整備局湯沢砂防事務所と合同で、長岡市西部の山間部の斜面崩壊状況の調査を実施しました。

渋海川左支国沢川渓岸部の斜面崩壊(長岡市(旧小国町)) 同左の斜面崩壊による河道閉塞の状況

渋海川左支芝ノ又川渓岸部の斜面崩壊(長岡市(旧小国町))

同左の斜面崩壊による河道閉塞の状況

渋海川左支土口川渓岸部の斜面崩壊(長岡市(旧小国町))

 [トップへ]  [トピックへもどる]

 

独立行政法人 土木研究所 土砂管理研究グループ 地すべりチーム
TEL : 029-879-6787、 FAX : 029-879-6729
Copyright (C) 2010 独立行政法人土木研究所