高野秀夫の地すべり分布図構内の気象・積雪観測資料(積雪期)
トップページ センター概要 研究紹介 トピックス 雪崩映像 センターたより 土木研究所
ホームページ
リンク

     ■沿革      ■スタッフ      ■研究施設      ■コラム      交通案内


■沿革

 自然条件の厳しい豪雪地帯では、冬期には雪による災害に悩まされ、融雪期には地すべりなどの土砂災害が多発し、人家、田畑、道路などに甚大な被害を与えてきました。このため、これらの雪害や地すべり災害の防止・軽減に対する社会的要請は非常に強く、昭和35年に地すべり対策事業の推進と技術的向上を図る「全国地すべり・がけ崩れ対策協議会」の前身「全国地すべり対策協議会」、特に新潟県知事の強い要望に基づき新潟県新井市に「新潟地すべり試験所」が設置され、昭和37年に「新潟試験所」と改称されました。
 

2004年10月の新潟県中越地震には未曾有の土砂災害が発生し、土砂災害分野の役割が非常に高まっていることを踏まえ、雪崩及び地すべりにかかわる研究開発、技術指導に関する業務に特化し、つくばの土砂管理研究グループとの連携を強化し効率的に業務を実施することを目的に、平成17年に「雪崩・地すべり研究センター」に組織改編しました。現在、雪国における社会的基盤整備のための試験・研究をおこない、地域の実情に即した地すべり災害、雪崩災害などの防止に関する様々な研究開発、技術的な指導・助言を行っています。

1958年 3月 地すべり等防止法施行
1960年 4月 建設省土木研究所「新潟地すべり試験所」を設置し土砂害の研究を開始
1962年 5月 道路雪害研究を開始し「新潟試験所」と改称 松之山地すべり発生
1986年 1月 1月26日柵口雪崩災害発生13名死亡
1988年 4月 集落に関する雪崩研究を開始
2001年 1月 国土交通省土木研究所新潟試験所に名称変更 省庁再編
2001年 4月 独立行政法人土木研究所新潟試験所に移行
2004年 10月 10月23日新潟中越地震
2005年 4月 独立行政法人土木研究所 雪崩・地すべり研究センターに改称
2015年 4月 国立研究開発法人 土木研究所
雪崩・地すべり研究センターに名称変更

■スタッフ



■研究施設
融雪観測施設 繰り返しリングせん断試験機
低温実験施設 融雪観測施設 繰り返しリングせん断試験機




■コラム

 ・ニュートンのリンゴの木
 ・地すべりと人柱伝説

■交通案内
雪崩地すべり研究センター位置図

■電車

 上越妙高駅(JR北陸新幹線)下車 約10km(自動車で約20分)
 新井駅(えちごトキめき鉄道 妙高はねうまライン)下車 約3km(自動車で約5分)

■自動車
 上信越道 新井スマートI.C.(利用時間:6時〜22時)より3Km(約5分)

国立研究開発法人 土木研究所 土砂管理研究グループ
雪崩・地すべり研究センター
〒944-0051 新潟県妙高市錦町2丁目6番8号
TEL 0255-72-4131   FAX 0255-72-9629

Copyright (C) 国立研究開発法人 土木研究所