舗装チーム 国立研究開発法人 土木研究所  
HOME 研究テーマ 研究施設 スタッフ 発表論文 他 リンク こどもページ English Page 国立研究開発法人 土木研究所
Pavement Research Team HomePage -  
舗装チームHOME > 発表論文 > 土木研究所資料 、共同研究報告書
■発表論文
■土木研究所資料、 共同研究報告書
■書籍指針・便覧等
■特許

土木研究所資料

土研資料No. 報告書名 執筆者 担当研究チーム 発行年月
第4317号 道路ユーザーの視点に立った舗装性能評価法に関する研究 久保和幸、寺田剛、藤原英吾 舗装チーム 2015 9
第4266号 コンクリート舗装の変状に関する技術資料 久保和幸、堀内智司、上田宣人 ほか 舗装チーム 2013 7
第4128号 土系舗装の技術資料(歩道用) 久保和幸、加納孝志、川上篤史 舗装チーム 2009 1
第4096号 アスファルト舗装用骨材に関する実態調査報告書 久保和幸、寺田剛、佐々木厳 舗装チーム 2008 3
第4045号 鋼床版用防水層の性能試験結果 久保和幸、寺田剛、佐々木厳 舗装チーム 2007 3
第4038号 舗装の構造設計に関する検討報告書 久保和幸、坂本康文、井上直 舗装チーム 2006 12
第4012号 排水性舗装の破損特性に関する調査 久保田和幸、鎌田修、藤井政人 舗装チーム 2006 4
第4008号 車道透水性舗装の設計方法確立に向けた検討 久保和幸、伊藤正秀、鎌田修,清水忠昭 舗装チーム 2006 4
第3971号 道路路面雨水処理マニュアル(案) 伊藤正秀、大下武志、鎌田修、中島伸一郎、堤祥一 舗装チーム
施工技術チーム
2005 6
第3949号 長寿命舗装の経済性評価(フェイズT)調査報告書 伊藤正秀、坂本康文 舗装チーム 2004 11

共同研究報告書

共同研究
報告書No.
報告書名 土研執筆者 共同研究者 発行年月
第470号 低炭素舗装技術の高度化に関する共同研究 報告書 (その2)−中温化技術の高性能化− 久保和幸、寺田剛、川上篤史、平川一成、西崎倒、新田弘之、辻本陽子 世紀東急工業葛Z術研究所 2015 3
第469号 低炭素舗装技術の高度化に関する共同研究 報告書 (その1)−アスファルト乳剤をバインダに用いたリサイクル技術の開発− 久保和幸、寺田剛、川上篤史、西崎倒、新田弘之、辻本陽子 東亜道路工業葛Z術研究所 2015 3
第432号 コンクリート舗装の構造設計の高度化に関する研究共同研究 報告書 久保和幸、寺田剛、井谷雅司、井上直、綾部孝之、堀内智司、矢口博、清水泰成、畠山慶吾 東京農業大学、石川工業高等専門学校、(社)セメント協会 2012 2
第408号 アスファルト舗装の再生利用に関する共同研究 報告書 西崎到、新田弘之、佐々木巌、久保和幸、加納孝志、川上篤史 (社)日本アスファルト合材協会 2009 11
第387号 アスファルト舗装の再生利用に関する共同研究 中間報告書 西崎到、新田弘之、佐々木巌、久保和幸、加納孝志 (社)日本アスファルト合材協会 2008 12
第340号 交差点立体化の路上工事短縮技術の開発共同研究報告書−工期短縮型舗装の開発と利用マニュアル(案)− 久保和幸、寺田剛、吉田武、伊藤正秀、梁慎二 劾IPPOコーポレーション、日本道路梶A東亜道路工業梶A轄イ藤渡辺 2006 1
第317号 タイヤ/路面騒音測定方法の開発共同研究報告書 伊藤正秀、寺田剛、大橋幸子 東亜道路工業梶A大林道路梶A佐藤道路梶A東京鋪装工業梶Aニチレキ梶A日本道路梶A前田道路梶A鞄n辺組、 福田道路梶A大有建設梶A潟pスコ、大成ロテック梶A潟KイアートT・K、劾IPPOコーポレーション、世紀東急工業梶A石川島播磨重工業梶A 潟Iリエンタルコンサルタンツ 2005 3
第339号 路面温度の上昇を抑制する舗装用混合物の開発共同研究報告書 伊藤正秀、城戸浩 劾IPPOコーポレーション、長島特殊塗料梶A日本道路梶A前田道路梶A世紀東急工業 2005 3
第290号 交通振動の軽減のための舗装技術の開発 吉田武、新田弘之、梁真二 日本道路梶A日本鋪道梶A潟Kイアートクマガイ、ジオスター梶A日本エラスター 2003 2


HOME

 
国立研究開発法人 土木研究所 道路技術研究グループ 舗装チーム
Copyright (c) (2008) by PWRI