ハビタットの評価

河川工事等が野生動物の行動に与える影響予測及びモニタリング手法に関する研究

この研究ではATS(アドバンストテレメトリシステム,野生動物自動行動追跡システム)で収集した野生動物の行動追跡データと物理環境条件の関係を理解し、物理環境から野生動物の行動を予測する手法を開発することを目的としています。


この研究では、在来魚種の中から指標魚種を選定し、その移動性と水系内の水域環境の構造を結びつけた水環境の把握手法を開発します。


水生生物の生息環境の調査手法と生態的機能の解明に関する研究

この研究では、時間的な変動を含むリーチスケールの河川物理環境をリモートセンシングや水理計算により、時空間情報を持った指標として取得し、そこに棲む生物の情報と空間的に結びつけることによって、河川が有する生態的機能を評価します。