メニューバー
ホーム>研究施設>実験・調査機器
コンテンツ
ホーム
トピックス
土木地質学とは
地質チームの活動
研究内容
研究成果
研究施設
研究施設
実験・調査機器
 地下構造探査震源車
 X線回折試験装置
 蛍光X線分析装置
 走査型電子顕微鏡
 一面せん断試験機
 一軸圧縮試験機
スタッフ
表彰
沿革
サイトマップ

メールアドレス
実験・調査機器
地質チームが現地調査や室内実験に使用する主な機器を紹介します。

地下構造探査震源車
地下構造探査に使用する起震車です。全長9.9m、総重量26.7トン、最大加震力130kNと国内最大級のS波震源車です。車体中央に取り付けられている重さ約3トンのベースプレートを地面に押し当てて振動させることにより、人工的にS波(5〜100Hz)を発生させます。
地下構造探査震源車
地下構造探査震源車
▲TOP
X線回折試験装置(XRD)
岩石粉末にX線を照射し、回折現象から鉱物組成や含有量を10万以上の鉱物データベースから自動的に検索・同定します。

X線回折試験装置
X線回折試験装置 Mini Flex 600(リガク)

▲TOP

蛍光X線分析装置
岩石や鉱物などの試料の元素分析に使用する波長分散型の蛍光X線分析装置です。

蛍光X線分析装置
蛍光X線分析装置 Axios MAX Advanced(パナリティカル)

▲TOP

走査型電子顕微鏡
低真空型の電子顕微鏡です。岩石や鉱物などの試料に電子ビームを照射し、試料表面から発生する二次電子や特性X線をとらえて像観察を行います。

走査型電子顕微鏡
走査型電子顕微鏡 JSM-5800LV(日本電子)

▲TOP

一面せん断試験機 一軸圧縮試験機
岩石やモルタルのせん断強度を求めるため、一面せん断試験機です。
垂直(拘束)荷重200kN、せん断荷重2000kNの載荷能力を有しており、せん断時に垂直荷重を一定に保持する機構を内蔵しています。
また、垂直荷重載荷部分を取り外せば、最大載荷能力2000kNの一軸圧縮試験機となり、岩石やモルタルの一軸圧縮強度を求めることができます。
一面せん断試験機&一軸圧縮試験機
一面せん断試験機(青色&緑色)・一軸圧縮試験機(緑色)
▲TOP

−お問い合わせ−
国立研究開発法人 土木研究所 地質・地盤研究グループ地質チーム
〒305-8516 茨城県つくば市南原1-6 TEL: 029-879-6769 FAX: 029-879-6734

Copyright (C) 2005-2016 国立研究開発法人土木研究所