PWRIトップ研究テーマ研究成果実験施設スタッフお問い合わせ  English
TOP > 研究成果
研究成果

土木技術の基準化

既発表の文献

取得特許



土木技術の基準化
基準名 発行機関 発行年月
道路トンネル観察・計測指針(平成21年改訂版) (社)日本道路協会 平成21年2月
シールドトンネル設計・施工指針 (社)日本道路協会 平成21年2月
道路トンネル技術基準(換気編)・同解説 平成20年改訂版 (社)日本道路協会 平成20年10月
道路照明施設設置基準・同解説 (社)日本道路協会 平成19年10月
道路トンネル技術基準(構造編)・同解説 (社)日本道路協会 平成15年11月
道路トンネル非常用施設設置基準・同解説 (社)日本道路協会 平成13年10月
道路トンネル安全施工技術指針 (社)日本道路協会 平成8年10月
道路トンネル維持管理便覧 (社)日本道路協会 平成5年11月



既発表の文献

土木研究所資料 (1998年以降)
タイトル 著者 発行年 頁数
4105 山岳トンネルの覆工設計法に関する研究報告書
−解析的手法による覆工設計法の考え方−
真下英人 日下敦
砂金伸治 木谷努
2008 50
4104 洪積粘性土中のシールドトンネルに作用する荷重に関する研究報告書 真下英人 石村利明
左近嘉正
2008 80
4099 山岳トンネルにおける施工時観察・計測データの評価手法に関する研究報告書 真下英人 水川雅之
日下 敦 砂金伸治
木谷努 遠藤拓雄
2008 177
4097 道路トンネルの換気施設設計に用いる諸定数に関する研究報告書 真下英人 石村利明 2008 205
4005 変状トンネルの内面補強工の耐荷力に関する研究報告書 真下英人 石村利明
箱石安彦
2006 268
4004 既設トンネル覆工のはく落防止対策工の耐荷力に関する研究報告書 真下英人 石村利明
箱石安彦
2006 44
4002 道路トンネルの換気施設設計に用いる自動車1台あたりの排気ガスの排出量に関する研究報告書 真下英人 石村利明
森本 智
2006 88
4001 トンネル覆工コンクリートの高熱時挙動に関する研究報告書 真下英人 砂金伸治
木谷 努 遠藤拓雄
2006 118
4000 繊維補強コンクリートを用いたトンネル覆工のひび割れに関する研究報告書 真下英人 砂金伸治
木谷 努 遠藤拓雄
2006 62
3961 トンネル覆工の耐荷力と設計に関する研究報告書 真下英人 砂金伸治
木谷 努 遠藤拓雄
2005 67
3960 土砂地山におけるロックボルトの作用効果に関する研究報告書 真下英人 蒲田浩久
森本 智 木谷 努
2005 83
3959 TBMトンネルのトラブル対策と支保工設計法に関する研究報告書 真下英人 砂金伸治
木谷 努
2005 43
3958 硬質地盤中のシールドトンネルに作用する荷重に関する研究報告書 真下英人 石村利明
石村勝伸 義永茂司
2005 382
3877 道路トンネル変状対策工マニュアル(案) 真下英人 石村利明 2003 132
3825 特殊施工条件下のシールドトンネルの現場計測報告書 真下英人 石村利明
義永茂司
2001 219
3824 既設トンネルに及ぼす近接施工の影響に関する現場計測報告書 真下英人 蒲田浩久 2001 61
3823 砂質地山における先受工の効果と近接トンネルの影響に関する研究報告書 真下英人 石村利明
眞弓英大
2001 71
3728 電気探査を用いたトンネルの地山評価に関する研究報告書 真下英人 石村利明
鈴木正彦 眞弓英大
2000 135
3726 トンネルの走行性に及ぼす坑口形状・照明方式の影響に関する研究報告書 真下英人 石村利明
眞弓英大
2000 96
3725 砂礫地盤中のシールドトンネルに作用する荷重に関する研究報告書 真下英人 石村利明
藤井邦男
2000 224
3717 トンネル支保に作用する荷重に関する研究報告書 真下英人 砂金伸治 2000 103
3645 シ−ルドトンネル掘削時の地盤変状に関する現場計測報告書 真下英人 石村利明
藤井邦男 眞弓英大
1999 202
3571 切羽観察・計測に基づくトンネルの地山評価に関する研究報告書 真下英人 池口正晃
砂金伸治 大杉一郎
1998 194

共同研究報告書 (1998年以降)
タイトル 著者 発行年 頁数
330 部分薄肉化PCL版を用いたトンネル補強工法に関する共同研究報告書 真下英人 石村利明
箱石安彦
2006 60
329 繊維補強吹付けコンクリートを用いたトンネル覆工の補強方法の開発に関する共同研究報告書 真下英人 石村利明
箱石安彦
2006 130
328 鋼材と吹付け繊維補強モルタルを用いたトンネル覆工の補強方法の開発に関する共同研究報告書 真下英人 石村利明
箱石安彦
2006 188
327 新コンクリート剥落防止工の開発に関する共同研究報告書−光ネット可視工法− 真下英人 石村利明
箱石安彦
2006 143
326 高強度・高じん性モルタルを用いたトンネル覆工の補強方法の開発に関する共同研究報告書 真下英人 石村利明
箱石安彦
2006 92
325 既設トンネルの補修技術の開発に関する共同研究報告書 真下英人 石村利明
箱石安彦
2006 67
303 既設トンネル断面拡大工法の開発に関する共同研究報告書
−既設トンネル断面拡大工法 施工マニュアル(案)−
真下英人 石村利明
蒲田浩久 他
2004 389
302 既設トンネルの断面拡大工法の開発に関する共同研究報告書
−既設トンネル断面拡大工法に関する設計・施工指針(案)−
真下英人 石村利明
蒲田浩久 他
2004 137
301 TBMトンネル掘削時の地山特性と機械データおよび作用荷重の
関連性に関する共同研究報告書
真下英人 砂金伸治
木谷 努 城間博通
関 茂和
2004 100
275 トンネル覆工の薄肉化に関する共同研究報告書 真下英人 他 2001 204

発表論文リスト (2001年以降)
  ※土木研究所刊行物や土木技術資料に掲載した論文は除きます
                    
取得特
登録番号 登録日 発明の名称 詳細
第3996818号 2007. 8.10 トンネル拡幅工事用作業台車
トンネル拡幅工事用作業台車に関して、特に既設トンネルの軸方向に走行可能なプロテクタを用いて既設トンネル内部の交通を許容したまま拡幅工事を行う場合の作業台車に関する技術
パンフレット
第3958153号 2007. 5.18 トンネル拡幅時の支保工接続構造および方法
トンネル拡幅時の支保工接続構造および方法に関して、既設トンネルを車線幅方向左右の一方に既設覆工部を残し、反対側に掘削して拡幅部を設け、該拡幅部に新設支保工を立て込んでトンネル拡幅を行うトンネル拡幅工事に関する技術
パンフレット
第3944725号 2007. 4.20 プロテクター装置およびプロテクター装置上のずり排出方法
トンネル工事におけるプロテクター装置およびプロテクター装置上のずり排出方法に関して、トンネル工事においてトンネル内の車両・人の通路を確保するために、通路幅方向左右にそれぞれ設けられた側壁部と、該それぞれの側壁部と接続されて上部を覆う天井部とを備えて通路長手方向に延設されたプロテクター装置に関する技術
パンフレット
第3922636号 2007. 3. 2 作業足場付きプロテクタ
既設トンネルの拡幅工事を効率的に行うための技術に関して、トンネル内の交通を確保するためのプロテクタの側面部に、折り畳み式の作業足場が取り付けられ、この作業足場を特徴とする作業足場つきプロテクタに関する技術
パンフレット
第3898999号 2007. 1. 5 トンネル断面拡大工法及びトンネル内一般車両保護構造
トンネル断面拡大工法およびトンネル内一般車両保護構造に係り、特に既設トンネルの断面拡大工事を、一般車両の通行を継続させたままで行うようにした既設トンネル断面拡大工法及びトンネル内で用いられる一般車両保護構造に関する技術
パンフレット
第3860784号 2006. 9.29 既設トンネルの拡幅工事用換気装置及び換気方法
既設トンネルの拡幅工事用換気装置及び換気方法に関するもので、特にプロテクタを用いて既設トンネル内部の交通を許容したまま拡幅工事を行う場合の換気装置及び換気方法に関する技術
パンフレット
第3856301号 2006. 9.22 移動式作業構台を用いる既設トンネルの拡大工法
移動式作業台構台を用いる既設トンネルの拡大工法に関し、特に、車両の通行を確保しながら、既設トンネルの断面を拡幅する工法に関する技術
パンフレット
第3796524号 2006. 4.28 トンネルの拡幅方法およびトンネル
トンネルの拡幅方法、トンネルおよび簡易プロテクタに関し、覆工コンクリートの補強を行う工程と、側方と上方とを含む掘削する工程と、簡易プロテクタを設置する工程と、プロテクタ内を通行させつつ、既設トンネルを取り壊す工程と、新設トンネルを構築する工程とを具備することを特徴とするトンネルの拡幅方法に関する技術
パンフレット
第3789100号 2006. 4. 7 拡幅トンネルの築造方法
一般車両を通行させた状態で既設のトンネルを拡幅する拡幅トンネルの築造方法に関し、既設トンネルを幅方向に拡幅して、アーチ状の拡幅トンネルを築造する方法に関する技術
パンフレット
第3716346号 2005. 9. 9 既設トンネルの拡幅工法及び該既設トンネルの解体方法
既設トンネルの拡幅工法に関するものであり、特に、既設トンネルを使用したまま、効率よく施工することができる既設トンネルの拡幅工法に関する技術
パンフレット
第3713556号 2005. 9. 2 トンネル拡幅工事用設備
山脈や丘を貫通する既設の山岳トンネルの拡幅工事に用いられる、前記トンネル内に通路を確保するためのプロテクタと、前記トンネルの覆工の破砕およびその周囲地盤の掘削に用いられる装置を据え付けるための、前記プロテクタ上に載置される架台とを含むトンネル拡幅工事用設備に関する技術
パンフレット
第3706878号 2005. 8.12 既設トンネルの拡大工事
既設トンネルの拡大工法に関し、特に、車両の通行を確保しながら、既設トンネルの断面を拡幅する工法に関する技術
パンフレット
第3461600号 2003. 8.15 爆薬装填装置
岩盤に穿孔された爆破孔に爆薬、爆破孔閉塞材を装填する爆薬装填装置に関するものであり、特に、爆薬の装填、爆破孔の閉塞を連続して行うことに関する技術
パンフレット
第3378907号 2002.12.13 導火管引き抜き装置
岩盤に穿孔された爆破孔に装填ホースを挿入し、この装填ホースを介して爆薬移送手段により爆薬を前記爆破孔に装填する爆薬装填装置において、導火管が接続された爆薬を前記爆破孔に装填した後に、前記装填ホース内部に延在している導火線を引き抜く装置に関する技術
パンフレット
第3378906号 2002.12.13 爆薬装填装置
岩盤に穿孔された爆破孔に爆薬を装填する爆薬装填装置に関するものであり、特に、爆薬を安全且つ省力化を図って装填する装置に関わる技術
パンフレット
第3378905号 2002.12.13 爆薬連続供給装置
岩盤に穿孔された爆破孔に爆薬を装填する爆薬装填装置の爆破供給装置に関するものであり、特に、導火線が接続された爆薬を連続して供給することが可能な装置に関する技術
パンフレット
第3068923号 2000. 5.19 プレライニング式トンネル掘進装置
トンネル掘削予定部分の外周に予め支保用ライニングを施したのち、その支保用ライニングにより囲まれた部分を掘削するプレライニング式トンネル掘進装置に関する技術
パンフレット
第2952113号 1999. 7. 9 トンネル掘削機
トンネル掘削機に関し、トンネル掘削機の円板状カッタ外周面に対して伸縮ジャッキにより突出及び収納が可能なスイングカッタを設けスイングカッタの外面にカッタビットを配置したこと特徴とするトンネル掘削機に関する技術
パンフレット
第2873333号 1999. 3.24 地盤注入工法
地盤を改良するために用いられる地盤注入工法に関し、地盤に注入材を充填するにあたり、注入材を地盤中に充填するとともに、前記地盤の変状を防止することを特徴とする地盤注入工法に関する技術
パンフレット
第2860368号 1998.12.11 シールド掘削機及びこれを用いたシールド工法
シールド掘削機及びこれを用いて地中にトンネルを形成するシールド工法に係り、特に、1台のシールド掘削機で掘削断面が拡大された拡大部を形成しうるシールド掘削機及びこれを用いたシールド工法に関する技術
パンフレット
第2855297号 1998.11.27 分割型縦楕円形シールドトンネルの施工方法
内部空間が複数段に分割された縦楕円形シールドマシンの施工方法に関する技術
パンフレット
第2852568号 1998.11.20 含有地盤におけるトンネル掘削工法
地下水で飽和した軟弱な含水地盤を安定して掘削し得る含水地盤におけるトンネル掘削工法に関する技術
パンフレット
第2843166号 1998.10.23 分離型シールド掘進機
複数のシールド機を備え、これらシールド機が協動して拡大した掘削断面のトンネルを掘削したり、個別に円形断面のトンネルを掘削したりする分離型シールド掘削機に関する技術
パンフレット
第2821528号 1998. 9. 4 シールド掘削装置
トンネル掘削に使用するシールド掘削装置に係り、特に掘削中のトンネルの外周を所望に拡幅するオーバーカッターが装着されたシールド掘削装置に関する技術
パンフレット
第2785062号 1998. 5.29 内柱付きで横に長い略楕円形のシールドトンネル
特に、2車線、3車線、4車線といった大型道路用の大型シールドトンネルを効率的に構築する目的で実施される、内柱付きで横に長い略楕円形のシールドトンネルに関する技術
パンフレット
第2755772号 1998. 3. 6 シールドトンネルと構造物又はシールドトンネル間の接合方法およびその装置
シールド工法により例えば地下道路のインターチェンジの分岐、合流部分、地下水路の合流部あるいは地下鉄の分岐部分等を築造する際に実施されるシールドトンネルと構造物又はシールドトンネル間の接合方法及び該当方法を実施する装置に関する技術
パンフレット
第2750361号 1998. 2.27 分離型シールド掘削機
複数のシールド機を備え、これらシールド機が反力体からそれぞれ発進可能な分離型シールド掘削機に関する技術
パンフレット
第2739095号 1998. 1.23 トンネル掘削における地盤改良方法
トンネル掘削における地盤改良方法に係り、特に、薬液注入工法と凍結工法とを用いてなるトンネル掘削における地盤改良方法に関する技術
パンフレット
第2714911号 1997.11. 7 シールド・セグメントの継手構造
シールドトンネルの一次覆工として使用されるシールドセグメントの継手構造に関する技術
-
第2700411号 1997.10. 3 シールド工法
掘削した土砂を利用して地山圧力に対抗させながら掘進するシールド工法に関する技術
パンフレット
第2691044号 1997. 8.29 多連式シールド掘削機
少なくとも2個のカッタヘッドを使用して、略長円形断面の孔を掘削する多連式シールド掘削機に関する技術
パンフレット
第2676013号 1997. 7.25 トンネル掘削における地盤改良工法
トンネル掘削における地盤改良方法に係わり、特に、凍結法を用いてなるトンネル掘削における地盤改良方法に関する技術
パンフレット
第2676012号 1997. 7.25 トンネルの構築方法
トンネルの構築方法に係わり、特に地盤改良を伴うトンネルの構築方法に関する技術
パンフレット
第2676011号 1997. 7.25 トンネル掘削における地盤改良工法
トンネル掘削における地盤改良方法に係わり、特に、掘削地盤を凍結により安定させる、トンネル掘削における地盤改良方法に関する技術
パンフレット
第2124657号 1996. 3.21 トンネルのプレライニング構造およびトンネルプレライニング工法
トンネル掘削時に切羽部のトンネル外周縁から前方の地盤にトンネル断面形状の外周に沿って形成するプレライニング構造と、そのプレライニングの形成方法に関する技術
パンフレット
第2076550号 1995. 8. 9 トンネル掘削方法およびプレライニング構築装置
トンネル断面形状の外周に沿ってプレライニングを構築し、このプレライニングにより囲まれた地盤を掘削することによりトンネルを形成する方法と、上記プレライニングを構築する装置に関する技術
パンフレット
第2076549号 1995. 8. 9 トンネルのプレライニング装置
トンネル掘削時に切羽部のトンネル外周縁から前方の地盤にトンネル外周に沿ったプレライニングを形成する装置に関する技術
パンフレット
第2076548号 1995. 8. 9 溝孔掘削装置
トンネル掘削時に切羽部のトンネル外周縁から前方の地盤にトンネル外周に沿ったプレライニングを形成するための溝孔掘削装置に関する技術
パンフレット
第2044421号 1995. 7.19 トンネル部分拡大シールド工法及びその装置並びにそれに係る誘導
地下の鉄道、道路等のトンネルにおいて、待避施設、点検施設又は分岐、合流部分を設けるのに必要な拡大部分を経済的に施工するためのトンネル部分拡大シールド工法及びその装置並びにそれに係る誘導セグメントピースに関する技術
パンフレット
第2038814号 1995. 7.26 多連式シールド掘削機
少なくとも2個のカッタヘッドを使用して、略長円形断面の孔を掘削する多連式シールド掘削機に関する技術
パンフレット
第2030785号 1995. 7.19 シールドトンネルの分岐・結合部の施工方法及び分岐・接合部の仮設隔壁施工装置
シールド工法によって地下道路のインターチェンジの分岐・合流部、地下水路の合流部、或いは地下鉄の分岐部分等を構築する際に、行われるシールドトンネルの分岐・接合部の施工方法及びその施工法において使用される分岐・接合部の仮設隔壁施工装置に関する技術
パンフレット
第1988093号 1995. 2.15 シールド裏込注入装置及び注入方法
掘削した地山の内周面とその内周面を被覆するセグメントの外周面との間隙に注入材を注入するシールド裏込注入装置及び注入方法に関する技術
特許の概要および利用については、別途ご案内します。
詳しくは技術推進本部(電話:029-879-6800)にお問い合わせ下さい。

Get Adobe Reader このページではPDF形式で作成されたファイルで情報を提供する場合があります。
PDF形式のファイルを閲覧するためにはAdobe Readerが必要です.右のアイコンをクリックするとAdobe Readerをダウンロードすることができます。
ページのTOPへ
Copyright (C) 2008 国立研究開発法人土木研究所