ICHARM

News

KAKINUMA Daiki
柿沼 太貴
Research Specialist, Water-related Hazard Research Group
水災害研究グループ 専門研究員
Home town (country); 出身:
Isesaki, Gunnma, Japan / 群馬県 伊勢崎市
Message; メッセージ:
I joined the Hydrological Engineering Research Team of ICHARM as a research specialist on May, 2019. I will try my best in both domestic and overseas operations and would like to contribute to water disaster risk reduction around the world through various projects.

2019年5月からICHARMのメンバーになりました。国内外の事業で最善を尽くし、さまざまなプロジェクトを通じて世界中の水災害リスクの低減に貢献していきたいと思います。
Main Research Topic(s); 主な研究内容:
- Development of flood forecasting systems in domestic and overseas river basins.

- 国内外の河川における洪水予測システムの開発.
Academic/Professional Experience and Qualifications; 主な学歴・職歴、資格など:
March 2014 : B.Eng., Dept. of Civil and Environmental Engineering, Chuo Univ.
March 2016 : M.Eng., Dept. of Civil and Environmental Engineering, Graduate School of Chuo Univ.
March 2019 : Ph.D., Dept. of Civil and Environmental Engineering, Graduate School of Chuo Univ.
May 2019 - : Research Specialist, ICHARM
     
2014年3月 : 中央大学 理工学部 都市環境学科 卒業
2016年3月 : 中央大学大学院 理工学研究科 都市環境学専攻 博士課程前期課程修了
2019年3月 : 中央大学大学院 理工学研究科 都市環境学専攻 博士課程後期課程修了 博士(工学)取得
2019年5月~ : 土木研究所 水災害・リスクマネジメント国際センター 専門研究員

Publications; 著書:
Recent Publications; 著書:

1. 会田健太郎,柿沼太貴,大沼克弘,伊藤弘之,小池俊雄:ダム決壊事例に基づく衛星情報を活用した水文情報不足地域における流出氾濫解析手法の提案,土木学会論文集B1(水工学) Vol.77, 2021 (採択済み).

2. 柿沼太貴,沼田慎吾,望月貴文,大沼克弘,伊藤弘之,近者敦彦,中村要介,崔国慶:国内における高精度地形・土地利用・降雨データを新たに追加したRRI-GUIの整備,水文・水資源学会2021年度研究発表会要旨集,2021.

3. Daiki Kakinuma, Mamoru Miyamoto, Yosuke Nakamura, Anurak Sriariyawat, Supattra Visessri: Development of industrial park scale flood inundation analysis model for establishing and evaluating BCP / BCM, Asia Oceania Geosciences Society 18th Annual Meeting (AOGS2021), HS23-A004, 2021.

4. Daiki Kakinuma, Yosuke Nakamura, Hiroyuki Ito, Toshio Koike, Koji Ikeuchi: Development of real-time flood forecasting system using particle filter combined with RRI model, Proceeding of 8th International Conference on Flood Management (ICFM8), Aug 2021.

5. 柿沼太貴,沼田慎吾,望月貴文,大沼克弘,伊藤弘之,安川雅紀,根本利弘,小池俊雄,池内幸司:中小河川を対象とした洪水時におけるリアルタイム水位予測システムの開発に向けた研究,pp.105-110,河川技術論文集,第27巻,2021.

6. 中村要介,江頭進治,池内幸司,柿沼太貴:RRIモデルと河床変動予測モデルを組み込んだ粒子フィルタによる河川水位予測,土木学会論文集B1(水工学)Vol.76,No.2,I_854-I_864,2020.

7. 柿沼太貴,中村要介,伊藤弘之,池内幸司:複数洪水イベントの組み合わせによる洪水予測に適したRRIモデルパラメータの最適化手法に関する検討,河川技術論文集,No.26,pp.199-204,河川技術シンポジウム,2020.

8. 原田大輔,江頭進治,柿沼太貴,南雲直子,伊藤弘之:2019年台風19号による阿武隈川水系五福谷川における多量の土砂を含む洪水流の特徴,河川技術論文集,No.2,pp.609-614,河川技術シンポジウム,2020.

9. 柿沼太貴,山田正:閉鎖性水域における水・底質調査による汚濁機構の解明及び水質改善対策の提案―江戸城外濠を例にして―.河川技術論文集Vol25,pp.435-440,2019.

10. 柿沼太貴,野原秀彰,日比野忠史,山田正:未処理下水が流入する都市感潮河川における水・底質改善手法の検討,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.74,No.2,2018.

11. 柿沼太貴,山田正:都市感潮河川における底泥改善材料の比較実験,土木学会論文集G(環境)Vol.73,No.5,球環境論文集第25巻,I353-360,2017.

12. DAIKI KAKINUMA, TADASHI YAMADA: STUDY ON WATER QUALITY COUNTERMEASURES IN CONSIDERATION OF UNCERTAINTY IN LAKES AND RESERVOIRS, 37th IAHR World Congress, Procceding of 37th IAHR World Congress, pp.6150-6157, 2017.

13. 柿沼太貴,山田正:湖沼における吐出し効果によるアオコ浄化手法の提案及び藻類の比増殖速度に不確実性を考慮した基礎的研究.河川技術論文集Vol24,pp.309-314,2017.

Links; 関連リンク:
 
 
 
up
Copyright © 2017 Public Works Research Institute