ICHARM

News

QIN Menglu
秦 梦露
Research Specialist, Water-related Hazard Research Group
水災害研究グループ 専門研究員
Home town (country); 出身:
China / 中国
Message; メッセージ:
I joined ICHARM in September 2020. I wish I could have the chance to explore many different rivers around the world in ICHARM. Besides investigating the physical phenomenon of the river morphodynamics, I also would like to help people manage and conserve their rivers based on a well-understanding of the natural and social environment across the river basin.

2020年9月から専門研究員としてICHARMに入職しました。ICHARMで世界中の色々な河川に出会って、河川にかかわる物理現象の解明だけでなく、それぞれの河川における流域の自然的と社会的環境特性も重視しつつ、各河川の性質に適した管理方法を考えていきたいと思います。
Main Research Topic(s); 主な研究内容:
- The fundamental research to improve the theory about the effect of the behavior of flow and sediment transportation on the river morphodynamics.
- The applied research to illustrate the regional characteristics of the water-related hazard decided by the river morphodynamics forctor.
- 流れと土砂の移動による河川/流域地形特性の形成機構およびそれに規定される水災害の地域特性の解明
Academic/Professional Experience and Qualifications; 主な学歴・職歴、資格など:
Academic Qualifications; 学歴:
Mar. 2015 : B.Eng, Department of Civil Engineering, Shibaura Institute of Technology
Mar. 2017 : M.Eng, Department of Civil Engineering, The University of Tokyo
May 2020 : Ph.D. Eng, Department of Civil Engineering, The University of Tokyo
     
2015年3月 : 芝浦工業大学 土木工学科 卒業
2017年3月 : 東京大学大学院 社会基盤学専攻 修士課程 修了
2020年5月 : 東京大学大学院 社会基盤学専攻 博士課程 修了 博士(工学)取得
     
Professional Experience; 職歴:
Apr. 2017-Mar. 2020 : Research Assistant, Graduate School of Engineering, The University of Tokyo Doctoral Student Special Incentives Program
Jul. 2020-Aug. 2020 : Technical Assistant, Department of civil engineering, The University of Tokyo
Sep. 2020- : Research Specialist, ICHARM
     
2017年4月-2020年3月 : 東京大学大学院工学系研究科博士課程学生特別リサーチ・アシスタント
2020年7月-2020年8月 : 東京大学 社会基盤学専攻 技術補佐員
2020年9月- : ICHARM 専門研究員

Recent Publications; 著書:
投稿論文
秦梦露,知花武佳:急勾配大規模扇状地にみられる流路形態に流域地質が及ぼす影響,河川技術論文集,第26巻,229-234,2020.
Menlgu QIN, Takeyoshi CHIBANA:The effects of basin geology on the grain size characteristics of bed materials and the variability of bedform configuration among alluvial rivers, Proceeding of the 22nd IAHR-APD Congress 2020, Sapporo, Japan, 2020.
秦梦露,知花武佳:河床材料の粒度分布とその分級特性が扇状地河道の砂州形態に及ぼす影響,土木学会論文集B1(水工学),75巻2号,985-990,2019.
秦梦露,原田大輔,知花武佳:砂州の形状および礫構造が植生域の分布特性と安定性に及ぼす影響,河川技術論文集,第23巻,699-704,2017.
秦梦露,宮本仁志:河道位数を用いた日本の河川流域特性に基づく樹林化現象の類型化,第70回土木学会年次学術講演会,2015.
 
報告書
秦梦露:流域地質による扇状地河道の変動特性および堤防と護岸の影響に対する応答特性の違い,2019年度河川基金助成事業成果報告書,2020.
秦梦露:扇状地形状及び網状流路形態の相互作用とそれらの形成機構に関する地理学的水理学的分析,2018年度河川基金助成事業成果報告書,2019.
 
受賞
令和元年度河川基金優秀成果賞:「扇状地形状及び網状流路形態の相互作用とそれらの形成機構に関する地理学的水理学的分析」,2019年8月.
Links; 関連リンク:
 
 
 
up
Copyright © 2017 Public Works Research Institute