国立研究開発法人 土木研究所

採用・受入情報

若手職員からのメッセージ

佐々木亨 地質・地盤研究グループ 土質・振動チーム 研究員 佐々木亨

河川堤防の研究を通して安心・安全な暮らし作りに
貢献します。

平成29年度採用
地質・地盤研究グループ 土質・振動チーム 研究員

研究業務の内容、職場について

河川堤防の浸透,耐震に関する研究に携わっています。河川堤防の被災メカニズムの研究や被災現場での被災調査、浸透・耐震対策に関する行政機関への技術指導等、 基礎的な研究から実践的なことまで幅広く貴重な経験ができる職場です。 堤防の破壊メカニズムについて実寸大の模型で検討を行っています
堤防の破壊メカニズムについて実寸大の模型で検討を行っています。

先輩からのメッセージ

デスクワーク的な研究から被災調査等フィールドワークまで幅広く経験したい方は是非土研へ。

川島陽子 先端材料資源研究センター(iMaRRc) 研究員 川島陽子

多くの可能性を秘めた先端材料を土木にも活かします。
平成28年度採用
先端材料資源研究センター(iMaRRc) 材料資源研究グループ 研究員

研究業務の内容、職場について

アスファルトの性状評価に関する研究に携わっています。分析機器や屋外の走行実験場など、規模の異なる様々な実験設備が充実しており、 材料の研究から実用性の検証まで体系的に研究することが出来ます。他の外部機関との連携を通じて、現行の試験方法を見直し、改善策の提案や普及活動などの貴重な経験ができる職場です。 恒温室内での実験の様子。地道な実験でも1つ1つ積み上げることが大きな成果につながります。
恒温室内での実験の様子。地道な実験でも1つ1つ積み上げることが大きな成果につながります。

先輩からのメッセージ

研究を通じて、自分の生活が”土木”に支えられていることを実感します。自然環境から社会インフラまで、幅広いフィールドで仕事をしたい方はぜひ土研へ。

伊波友生 寒地水圏研究グループ 研究員 伊波友生

基礎も応用もどちらも研究したい方はぜひ寒地土木研究所へ
平成29年度採用
寒地水圏研究グループ 寒地河川チーム 研究員

研究業務の内容、職場について

河床が有する特長的な地形である「河床波」をテーマに現地観測や室内水路実験、数値計算を用いて研究を行っています。現地フィールドや実験施設を利用して、 様々な観点から包括的に研究することが出来ます。また、研究を通じて行政への技術の普及や改善に携わる機会も多く、研究職でありながら現場を常に感じる職場です。 実験水路において再現した河床波(砂堆)です。設備を有するのはもちろん、実験を遂行するノウハウが蓄積されています。
実験水路において再現した河床波(砂堆)です。設備を有するのはもちろん、実験を遂行するノウハウが蓄積されています。

先輩からのメッセージ

毎日のインフラ管理から災害時における防災まで、あらゆる場面で必要とされる「土木工学」を研究でき、意気に感じています。

若手職員からのメッセージPDF形式(383KB)