物理探査・土木技術に関する情報を提供します.

スタッフ紹介

国立研究開発法人 土木研究所 地質・地盤研究グループ 特命事項(物理探査技術)担当のスタッフを紹介します.

上席研究員齋藤清志

齋藤清志(さいとうきよし)

上席研究員(併任).
2017年4月より,土木研究所において,浅層物理探査技術の研究業務に携わることになりました.これまで現場計測や物理探査には縁のない研究やマネジメントに携わってきましたが,今後は実学としての浅層物理探査・現場計測技術の成果普及と社会実装化に向けて,微力ながらお手伝いさせていただきたいと考えております.


主任研究員尾西恭亮

尾西恭亮(おにしきょうすけ)

主任研究員.
2016年6月より,土木研究所において,浅層物理探査技術の研究業務に携わることになりました.実測記録を中心に,数値計算と物性試験を組み合わせる研究手法に特色を有します.新しい探査技術の開発研究に貢献できるようにチームワークを重視して業務を行います.新しい記録解析手法や記録変換手法の提案にも意欲があります.


交流研究員小林貴幸

小林貴幸(こばやしたかゆき)

交流研究員.
1998年4月に民間企業に就職し,様々な構造物の立地調査に物理探査技術者として携わってきました.2018年4月より土木研究所出向となり,物理探査の3次元モデルに関わる研究開発行っています.これからも様々な関連知識を吸収し,技術の研鑽を行いたいと考えております.