土木研究所 雪崩地すべり研究センター
 
高野秀夫の地すべり分布図構内の気象・積雪観測資料(積雪期)
トップページ センター概要 研究紹介 トピックス 雪崩映像 センター
たより
土木研究所
ホームページ
リンク

■ 防災科学技術研究所 雪氷防災実験棟 (山形県新庄市)で積雪中の水分浸透に関する実験を行いました
 (2013
128– 21日)

 

説明: X:\○雪崩(研究)\■プロH23-26冬期の降雨等に伴う雪崩災害の危険度評価技術に関する研究\新庄実験\2012-H24\写真\ikeda\R0010299.JPG

説明: X:\○雪崩(研究)\■プロH23-26冬期の降雨等に伴う雪崩災害の危険度評価技術に関する研究\新庄実験\2012-H24\写真\伊東\P1310083.JPG

自然雪の採取状況

作製した積雪供試体

説明: U:\D_新庄の実験\20130128〜0201防災科学技術研究所(新庄支所)実験\写真\雪氷T\101_0131\IMGP1285.JPG

説明: X:\○雪崩(研究)\■プロH23-26冬期の降雨等に伴う雪崩災害の危険度評価技術に関する研究\新庄実験\2012-H24\写真\ikeda\R0010386.JPG

降雨実験中の計測

含水率等の測定

 

説明: X:\○雪崩(研究)\■プロH23-26冬期の降雨等に伴う雪崩災害の危険度評価技術に関する研究\新庄実験\2012-H24\写真\中村\130130\P1300435.JPG

説明: X:\○雪崩(研究)\■プロH23-26冬期の降雨等に伴う雪崩災害の危険度評価技術に関する研究\新庄実験\2012-H24\写真\伊東\P1290080.JPG

雪氷談話会

積雪観測に関する実習

128()から21()にかけて、防災科学技術研究所 雪氷防災研究センター(リンク)新庄支所の雪氷防災家実験棟において、低温室内での実験を行いました。
 
これは同研究所との共同研究「降雨による湿雪雪崩の発生機構に関する研究(2)」において、多層構造の積雪に降雨による水分を浸透させて、積雪層の変化を観測しているもので、去年に引き続いて2度目の実験となります。今年は供試体を傾斜させて実験を行っています。

実験には当センターから5名参加したほか、札幌の寒地土木研究所から3名、さらに防災科学技術研究所の3名とともに、供試体の作製、積雪構造の観察、密度・含水率等の測定を行いました。

また、人工雪降雪中などの空き時間に、防災科学技術研究所 新庄支所の研究者と構内において積雪観測に関する実習ならびに雪氷談話会を行いました。積雪観測実習では、新庄支所での観測方法をご披露頂いたほか、センターで取り組んでいる赤外写真撮影の紹介を行いました。また談話会では、「水の浸透に着目した斜面と平地における積雪観測」として、センターで行っている研究内容について講演し、意見交換を行いました。

 

 



■H24トピックスへ
■トピックスTopへ


国立研究開発法人 土木研究所 土砂管理研究グループ
雪崩・地すべり研究センター

〒944-0051 新潟県妙高市錦町2丁目6番8号
TEL 0255-72-4131   FAX 0255-72-9629
Copyright (C) 国立研究開発法人 土木研究所