TOP>>研究概要


研究概要




土工構造物の信頼性向上に向けた設計法・施工管理手法の研究

 土工構造物は、被災した場合にも復旧が容易であると考えられてきましたが、土工構造物の大型化や新しい形式の導入により、被災時に復旧が容易でないものも増えています。本研究では、土工構造物のうち、特に変形による性能への影響が大きいと考えられる補強土と大型カルバートを取り上げ、既往の変形事例の分析を通じて、変状形態、変状要因、許容しうる変形の程度を明らかにし、変形が生じた道路土工構造物の性能評価手法を元に、適切な点検・評価・対応手法を体系化した維持管理手法の提案を目指します。




プレキャスト部材の有効活用方法の研究

 建設業にたずさわる技能労働者の高齢化や若年入職者の減少が課題になっており、建設業の生産性の向上が求められています。その手法の一つとして、プレキャスト部材を活用し、現場でのコンクリート工を効率化することが考えられます。本研究では、合理的なプレキャスト部材選定手法の開発、プレキャスト部材の検査技術の開発を行います。




路床及び路体の締固め状態を考慮した道路舗装の設計・施工に関する研究

 道路土工と舗装の設計は従来それぞれ個別に行われてきた経緯があります。本研究では、道路土工と舗装を一体で設計することにより、道路の交通性能を確保し、合理的かつ効果的な設計法を提案します。さらに、一体型性能評価手法、品質管理手法等の提案を行います。これにより、舗装の薄層化や断面の合理化によりコスト縮減及び長寿命化を期待することができます。




メンテナンスサイクルに対応したグラウンドアンカーの維持管理手法に関する研究

 グラウンドアンカーは人工構造物と自然斜面の特性を持つ構造物であり、特性を踏まえた維持管理手法の構築が求められています。本研究では、写真測量や熱赤外線写真等を用いた画像診断技術による損傷要因を見つけるための点検の高度化等の効率的かつ効果的な維持管理手法の確立を目指しています。




複合型地盤改良技術に関する研究

 地盤改良のコスト縮減や工期短縮が求められており、そのために浅層混合処理工法と深層混合処理工法を組合せた複合型地盤改良技術の採用が増え始めています。本研究では、複合型地盤改良技術に求められる要求性能を検討し、その要求性能を満足しているか否かを照査する項目、照査手法を明確にします。また、複合型地盤改良に関するガイドラインの提案を行います。




海外における舗装及び土工に関する技術基準類のあり方に関する研究

 東南アジア諸国をはじめとする発展途上国の社会資本整備においては、現地調達等の現地特性を踏まえた技術基準類の作成が不可欠です。本研究では、技術基準類の作成を支援するために必要な情報を収集し、我が国の技術基準をベースにした独自の技術基準類の作成支援を行います。さらに、土木研究所の研究成果普及や規格の国際標準化に関する研究を行います。



メンテナンスを考慮した発生土等の品質管理手法に関する研究

 リサイクルの推進により建設発生土の利用率は年々増加しています。これらの発生土のうち高含水比の発生土については、用途に応じて固化材を混合する等の対策が行われています。本研究では、固化処理を行う建設発生土を対象に、品質管理の現状と課題を整理し、改良土等の劣化メカニズムの解明とともに、長期的な安定性・耐久性向上に向けた施工技術、品質管理技術の提案を行います。