[トッ プへ]  [管理に役立つ技術へ]


地すべり災害対応におけるCIMを活用したリモート技術指導の取組

 

(画像をクリックするとPDFファイルが表示されます)

 



地すべり災害対応のCIMモデルに関する技術資料(案)

 地すべり災害対応においては、斜面地形や変状発生状況、保全対象の位置等の3次元的な関係をふまえ、災害の全体像の把握を行うことが重要です。
 地すべりチームでは、令和元年度の災害への技術指導を通じ、地すべり災害対応のCIMモデルを作成し、バーチャル現場モデルとして活用する方法を検討し、その成果として令和2年5月に技術資料(案)をとりまとめました。
 3次元地形モデル(CIMモデル)を「バーチャル現場」として活用することで、リモートでも現地状況を的確に把握できるため、効率的かつ迅速な技術支援 につながることが期待されます。今後も本技術の活用に努めるとともに、その結果を踏まえて技術資料(案)を改善していく予定です。


担当:竹下、和田

 

[トップ へ]  [管理に役立つ技術へ] 

 

独立行政法人 土木研究所 土砂管理研究グループ 地すべりチーム
TEL : 029-879-6787、 FAX : 029-879-6729
Copyright (C) 2010 独立行政法人土木研究所