トップページiMaRRCの活動 > 施設・設備

施設・設備

1. 屋外暴露場

屋外暴露試験場は、様々な材料の屋外環境における耐久性を評価するための施設です。

(1) つくば屋外暴露場

 つくば屋外暴露場は、温暖な環境に位置付けられますので、他の厳しい環境における屋外暴露試験場との比較基準となります。敷地面積は、約5,000 m2です。

つくば屋外暴露場

(2) 朝霧屋外暴露場

 朝霧屋外暴露場は、標高が約900mと高いため、紫外線量が多いことが特徴です。敷地面積は、約10,000 m2です。

朝霧屋外暴露場

 iMaRRCでは、上記2箇所の暴露場の他、北海道から沖縄など全国各地で暴露試験を実施しています。

2. 試験設備

(1) X線CT装置

 X線CT(Computed Tomography)装置は、X線を対象とする材料に照射し、その内部構造を非破壊で観察するための装置です。内部構造を観察することにより、材料内部の亀裂や劣化を評価できます。

X線CT装置

(2) クリープ試験機

 クリープ試験機は、材料のクリープ性能を評価する試験機です。本試験機は、恒湿槽および恒温水槽を有していることから、温湿度環境や水中環境などを現場に近い条件に設定することが可能です。

クリープ試験機

(3) 誘導結合プラズマ質量分析計

 誘導結合プラズマ質量分析計は、ICP(Inductively Coupled Plasma)中に試料を供給することにより試料中の元素をイオン化させて質量分析装置に導入し、各イオンの質量の差異により、素濃度を測定する分析装置です。本装置は、水・汚泥・焼却灰・溶出液等に含有される微量金属元素の同定・定量に利用します。

(4) リアルタイム定量PCR装置

 リアルタイム定量PCR(Polymerase Chain Reaction)装置は、PCRによるDNAの増幅を傾向シグナルとしてリアルタイムに検出し、DNAの対数直線増殖領域の蛍光を測定することにより、初期DNAを定量することが可能な装置です。

リアルタイム定量PCR装置

(5) 一槽式凍結融解試験装置

 一槽式凍結融解試験装置は、コンクリートの凍結融解作用に対する抵抗性を凍結及び融解の急速な繰返しによって試験するための装置です。

一槽式凍結融解試験装置

(6) 小径コア圧縮試験装置

 小径コア圧縮試験装置は、直径25mm程度の小径コアをコンクリート構造物から採取し、その圧縮強度値を測定するための装置です。予め定めた補正式で直径100mm コア強度に換算して、構造体コンクリート強度の推定が可能です。

Copyright © Public Works Research Institute
トップへ戻るボタン