実験河川を活用して河川における自然環境の保全・復元方法について調査・研究を行っております

サイトマップ お問い合わせ リンク English
国立研究開発法人 土木研究所 自然共生研究センター サイト内検索

センター紹介
自然共生研究センターとは
研究課題
研究者の一覧
研究成果
ARRCNEWSより
活動レポートより
研究論文等の一覧
研究コラム
多自然川づくり支援ツール
ダム下流の環境評価ツール
技術相談
技術相談について
技術相談の例
イベント
最近のイベント
過去のイベント
ダウンロード
ARRCNNEWS
活動レポート
動画
利用案内
見学のご案内
交通アクセス
研究成果
HOME > 研究成果 > 多自然川づくり支援ツール
環境評価ツール

【 多自然川づくり支援ツールとは 】

 iRICソフトウェアが、河道計画、河道設計にも役に立つ「多自然川づくり支援ツール」となるように開発を行っています。

 図は、多自然川づくり支援ツールの全体像を示しています。大きく分けて川づくりに重要な3つの機能を支えるツール群です。

 1)地形を柔軟に改良でき、工夫を直ちに計算に反映する地形編集ツール 〜 RiTER 〜
 2)洪水時の安全性を評価するツール 〜 iRICソフトウェア 〜
  iRICは緑の線を網羅します。
 3)河川環境の定量評価ツール 〜 EvaTRiP 〜 となります。



 

【 当センターでは、2次元流れ・河床変動計算を実行できるiRICソフトウェアと連携した環境評価ツールEvaTRiPと、柔軟な地形編集が可能となる地形編集ツール RiTERを公開しています 】
iRIC_Logo



■ 河川環境評価ツール EvaTRiP
(Evaluation Tools for Riverenvironmental Planning)
  iRIC上で動作するソルバーの一つで、水理計算結果を用いてそれを環境評価に応用します。現状のツールでは、以下の4つの機能を有しています。

護岸要否の評価:
流速に対して護岸の要否箇所を評価することができます。
移動限界粒径の評価: 砂礫が移動を開始する限界の単一粒径を評価することができます。
陸生植物生育可否の評価: 河道内の陸生植物の生育の有無について評価することができます。
魚類生息場の評価: 魚魚種の生息場評価(Habitat Suitable Index)を評価することができます。 SI値を工夫することで瀬や淵といった特定の条件を抽出することもできます。

地形編集ツール RiTER (RiverTerrain Editor)
 河道やその周辺の地形編集を柔軟に行うためのツールです。以下の2つがあります。
RiTER Xsec:
河道断面をベースとした地形編集機能です。iRIC に機能を追加することで実装されています。
RiTER 3D: 3次元の地形の起伏をそのまま取扱い、編集する機能です。iRIC とは別のソフトウェアとして機能します。beta版が公開されています。

今後の川づくりにおいては、計画の初期段階から環境や維持管理についても定量的な評価を行い、目標流量の流下と環境・維持管理の双方を満足する河道の形状を模索していくことが重要となります。 この解消の1つの手立てとして、河道計画の際に手助けとなるツールを試行的段階ではありますが、提供することとしました。  今後は機能をより拡充し、治水・環境・維持管理の計画から設計までを一体的かつ短時間で検討できるものへと発展させる予定です。
 なお、今回提供したツールによって得られた評価結果は計画・設計を行うための一つの材料であり、これ以外の様々な条件を勘案して断面設定等の判断を行う必要があります。 例えば、魚類の生息場評価は、流れの計算に基づく流速や水深から得られるある魚種の生活史の一段階における生息場ポテンシャルの評価結果であり、多様性を保全するためには、 連続性や生物間相互作用等々な視点を踏まえる必要があります。

 これらの点に留意いただき、本ツールを活用されることを期待しています。本ツールは現場でより有効活用していただけるよう、今後も適宜更新を行っていく予定です。
 
iRICソフトウェアを使って「3次元川づくり」を体験しよう!

 自然共生研究センターでは、iRICソフトウェアを活用した「多自然川づくり支援ツール」の開発を通じ、河川空間を3次元で取り扱う新しい川づくり「3次元川づくり」を推進しています。
 多自然川づくり支援ツールとして開発を進める、河道地形編集ツールRiTER、および河川環境評価ツールEvaTRiPについては、講習会の開催等により技術の普及を図ってきましたが、 このたび多くの方に体験していただくため講習会で用いた資料・データを公開することになりました。使用にあたっての注意事項をご確認いただき、奮ってご活用ください。

【注意事項】
・本資料の公開主体は、土木研究所自然共生研究センターです。
・本資料の公開ライセンスについては、クリエイティブ・コモンズ「CC BY」に準拠していただきますので、本資料の複製、頒布、展示、実演を行うにあたっては、「土木研究所自然共生研究センター」公開の資料を利用した旨の表示をお願いします。
(参考:https://creativecommons.jp/licenses/
  


・問い合わせについては、原則非対応としますが、誤りの発見や有益な助言については歓迎いたします。自然共生研究センター問い合わせ(kyousei4 (at) pwri.go.jp)よりご提案ください。
・本資料の利用に対するいかなる損害等においても、免責するものとします。
・iRICソフトウェアおよび一部情報の著作権はiRIC 研究会に帰属し、本資料は許可を得て公開しているものです。したがって、本資料の内容については、iRIC利用規約(https://i-ric.org/help/terms/)にも関係する箇所があるので、合わせてご確認ください。iRICを用いて解析した結果にはiRICのロゴマークなどを入れる必要があります。


 資料のダウンロードはこちらから (ファイルサイズ 33.7MB):

         https://forms.gle/TM9mzMcPWh1ZQzDC8

(簡単なアンケート回答後にダウンロードURLが表示されます。回答時間:1〜2分程度)


 
自然共生研究センターが開発するRiTER Xsecがi-conに対応可能となりました

 当センターではiRIC研究会と連携しiRICソフトウェア*上で使える地形編集機能RiTER Xsec**の開発を通じて3次元川づくりとi-constructionを推進しています。
 この度
● DEMデータから河道に沿って一連の横断図を抽出する機能を追加しました
● 編集した地形をLandXML形式で出力できるようになりました

 これまでは別途横断データを読み込んで、平面位置を合わせる必要などがあり大変手間でしたが、今回追加した横断抽出機能によって、近年活用が広がるUAVやALBなどの面的な測量成果をそのまま生かして設計作業に入ることができるようになりました。
 また、LandXML形式に対応したことで、ICT建機へのデータ入力が大幅に改善しています。簡単な維持掘削であれば、RiTER Xsecだけでi-constructionができるレベルにまでなっています。 もちろんiRICソフトウェアは水理解析ソフトウェアですから、すぐに水理解析に進めますし、EvaTRiPを活用した環境解析までシームレスに行うことが可能になっています。 ぜひとも活用していただき、さまざまなご意見をいただければ幸いです。

*iRIC(アイリック)ソフトウェアとは
 iRIC研究会が中心となって開発された無料で高性能な2次元水理・河床変動計算ソフトウェアです。幅広い場面で多くの方々に活用されています。iRICホームページ(https://i-ric.org/ja/)よりダウンロード可能です。

**RiTER Xsec(ライタークロスセクション)とは
 当センターが開発する横断図上の拡幅、掘削操作で3次元的に地形を操作する機能。iRICソフトウェアの一機能となっておりソフトウェアをインストールすると利用できます。実務者が慣れている横断図をベースとしたわかりやすい操作感と、結果をすぐに水理計算に用いることができるのが大きな特徴です。

<主な機能>
・官民境界や道路といった参考情報を、平面図・横断図連動して表示
・法勾配を確認しながら操作
・平面図や航空写真の重ね合わせ機能
NEW 背景格子・スケールの表示で直感的にわかりやすい操作画面
NEW 面的な測量成果(UAVやALBなど)から河川横断データを抽出
NEW 操作後の地形データをICT建機で利用できるLandXML形式でエクスポート


ツールのダウンロード先

【1】EvaTRiPについて

 iRICのウェブサイトにアクセスください。ログインの後に、EvaTRiPがダウンロードできます。
最新版のiRICをインストールすることで、EvaTRiPもインストールされます。
 魚類生息場評価に用いる生息場好適度(SI)を定義する選好度曲線については、既往の知見を取りまとめたこちらのデータセットをご利用いただけます。参考情報としてお使いください。

 SIモデルのデータ集(.xlsx)


【2】RiTER 3D(beta版)について
 
 3次元による地形編集が可能なRiTER 3D (beta版) を公開しました。以下のチュートリアルをご参照ください。なお、RiTER XsecはiRICの機能の一部となっており、最新版のiRICをインストールすることで利用できるようになります。

 チュートリアル(地形作成編) (PDF)
 チュートリアル(地形編集編) (PDF)

 プログラムソースの取得を希望される方は、以下のお問い合わせ先にご相談ください。追ってご連絡いたします。 E-mail: kyosei4@pwri.go.jp

【3】国総研・河川研究室がRiTER 3Dを公開 

国土交通省 国土技術政策総合研究所 河川研究室が、河道設計等に使用することを目的とした三次元地形データ編集ソフトRiTER 3Dを公開しました。 自然共生研究センターとの共同研究の成果です。上記、RiTER 3D(beta版)の改良版となります。以下よりダウンロードできますので、ぜひご使用ください。

http://www.nilim.go.jp/lab/fbg/download/download.html

PAGETOP↑
国立研究開発法人 土木研究所
自然共生研究センター

〒501-6021 岐阜県各務原市川島笠田町官有地無番地
TEL : 0586-89-6036 FAX : 0586-89-6039
Copyright © PWRI, Japan. All Rights Reserved.