研究成果・技術情報

非破壊試験によるコンクリート構造物中の配筋状態およびかぶり測定方法

 国土交通省では、コンクリート構造物の出来形および品質規格の確保、並びに監督・検査の充実を目的として、平成17(2005)年より「非破壊試験を用いたコンクリート構造物の品質管理手法の試行について」が通知され、 非破壊試験を用いてコンクリート構造物の鉄筋の配筋状態およびかぶりが適正に確保されていることを確認することが実施されています。

 

 

 通知には、配筋状態およびかぶりを測定する具体的な方法として「非破壊試験によるコンクリート構造物中の配筋状態及びかぶり測定要領が添付されています。

 

表1 HP掲載項目

方法 H19年度 掲載理由
電磁波
レーダー法
電磁波レーダ法による比誘電率分布(鉄筋径を用いる方法)およびかぶりの求め方(修正)PDF形式  
解析プログラムEXCEL形式
 (プロテクト)
 
解析プログラムEXCEL形式
 (係数、ノンプロテクト)
・上記のプロテクトがかかっていないもの
・報告書への張り付け容易
・係数表示⇒かぶり補正の比誘電率分布が求められる
電磁波レーダ法による鉄筋の位置とかぶり測定が困難な場合の対処方法PDF形式 鉄筋位置、かぶりの解析が難しい場合の解析手順
レーダ法におけるシート測定方法PDF形式 現場での簡易な測定
電磁誘導法 電磁誘導法による近接鉄筋の影響の補正方法PDF形式 近接鉄筋の影響の補正
計算プログラムEXCEL形式

 

<連絡先>

 測定に関する全般的なお問い合わせは、以下にお願いいたします。

  〒305-8516 茨城県つくば市南原1-6

  国立研究開発法人 土木研究所 先端材料資源研究センター(汎用材料)

  E-mail:hihakai(a)pwri.go.jp
※メールを送信する場合は(a)を@と変更してください。