国立研究開発法人 土木研究所

研究活動

各チームの研究内容

つくば中央研究所

寒地土木研究所(CERI)

水災害・リスクマネジメント国際センター(ICHARM)

構造物メンテナンス研究センター(CAESAR)

先端材料資源研究センター(iMaRRC)

 

つくば中央研究所

 土木に係る建設技術に関する調査、試験、研究及び開発並びに指導及び成果の普及等を行うことによ
り、土木技術の向上を図ることを目的とし、良質な社会資本の効率的な整備推進に貢献し、国土交通政
策に係るその任務を的確に遂行していきます。

技術推進本部

先端技術チーム

 先端技術チ−ムでは、情報技術、環境・安全技術、土木機械設備技術等の先端技術を活用し、建設機械の高度化、建設生産技術およびシステムの合理化、設備機械の信頼性の向上・コスト縮減、維持管理の効率化、建設工事環境影響評価の手法の整備などを目指した研究開発を行っています。

地質・地盤研究グループ

上席研究員(特命事項担当) − 物理探査

地質チーム

 地層には、過去から現在までの環境の変化が記録されています。地層に残された記録を分析して、将来の地球地盤環境の予測や、安全な建設工事や防災対策工事に役立てる研究をしています。

土質・振動チーム旧土質チーム旧振動チーム

 土質・振動チームは、土木技術の根本的な材料の一つである土を対象とし、安全な土構造物をつくることを目標に、主として河川堤防の強化や道路斜面の防災、地盤環境の保全、軟弱地盤対策に関する研究・開発を進めています。また、地震動により地盤及び道路盛土・河川堤防などの構造物がどのように変形・破壊するかを解明し、地震被害を未然に防ぐための耐震設計法、耐震診断法及び耐震補強法等の技術開発を行っています。

施工技術チーム

 擁壁・軟弱地盤対策等の土構造物を中心とした社会資本の設計・施工・維持管理におけるコスト縮減を目指した技術開発を行っています。また、土構造物の品質確認・性能規定化に関わる研究を行っています。

水環境研究グループ

河川生態チーム

 河川生態チームでは、河川および湖沼の環境保全に関する研究に取り組んでいます。主として以下のような課題について調査・研究を進めています。
・河川の物理環境変動が生物・生態系に与える影響に関する研究
・水域のネットワークの保全・復元
・湖沼環境の保全
・環境調査手法の開発(ATS;野生生物行動自動追跡システム)

水質チーム

 河川や湖沼などの水環境での水質汚濁原因の解明、下水道など流域を通じた有機物や栄養塩類などの挙動の調査研究、微量化学物質の下水道における挙動および下水処理性能への影響、生物を用いた水質評価技術、生態系から見た水質調査などの研究をしています。

自然共生研究センター

 自然共生研究センターは、実験河川・実験池を用い、河川・湖沼の自然環境を保全・復元するための基礎的・応用的研究を行い、その成果の普及に努めています。主たる研究テーマは以下のとおりです。
・水生生物の生息場所の生態的機能の解明と復元方法の開発
・流量変動が河川生態系に及ぼす影響の解明
・池岸植生が水質,生態系に及ぼす影響の解明とその改善手法の提案
・環境教育に資する河川生態系を効果的に展示する方法の開発

水工研究グループ

水理チーム(旧河川・ダム水理チーム)

 水理模型実験や数値解析により、河川やダムで起こる水理現象について研究し、問題の解決を図っています。
・河道や貯水池に流れ込む土砂の管理方法
・水質問題を解決するための貯水池の運用方法
・ダム放流設備の効果的な配置計画や設計方法
・護岸や堤防の侵食防止対策

水文チーム

 水文チームでは、河川や水資源に関する工学である水工学の一分野である水文分野の研究を行っています。 河川計画や水資源計画、水防災計画などの立案に不可欠な基礎資料を収集するため、全国の水文観測データについて、aDcp(acoustic Doppler current profiler)等を含む観測手法、照査方法等に関する研究・指導を実施しているほか、安定的かつ高精度な流量観測を実現するため、最先端技術を有する民間との共同研究により、非接触型流速計の開発および実証実験などを行なっています。

土砂管理研究グループ

火山・土石流チーム

 我が国では、山地の急峻な渓流、火山地域において、集中豪雨等による土石流や泥流等が発生し、大きな被害が生じてきました。そこで、当チームでは、土石流、泥流、斜面侵食等による災害の防止技術の研究を行います。

地すべりチーム

 地すべり・岩盤斜面の崩落は、地形、地質、地質構造などの素因がある所に、降雨や融雪などの気象条件、道路建設時の切土やダム湛水が誘因となって発生します。このような地すべり・岩盤斜面の崩落による災害を未然に防ぐため、地すべり発生メカニズムの解明、適切なモニタリング手法及び防止対策について研究をしています。

雪崩・地すべり研究センター

 我が国有数の豪雪地帯である北陸地方は、脆弱な第三紀層が広く分布し、毎年融雪期を中心として地すべりが多発しているため、これらの地すべりの発生機構、対策技術の調査研究を行っています。

道路技術研究グループ

上席研究員(特命事項担当) − 道路のメンテナンス

舗装チーム

 舗装チームでは、大切な資産を長期にわたり有効に活用するため、舗装の合理的・経済的なマネジメントに資する研究,舗装の性能評価に関する研究,舗装の耐久性向上に関する研究などを行っています。また、快適で災害の少ない街づくりや、循環型社会の形成に対応するため、環境の改善を目的とした舗装技術に関する研究などを行っています。

トンネルチーム

 トンネルの調査・設計・施工・維持管理に関する研究をしています。また、トンネルの換気・照明・防災など付属施設の設計・運用に関する研究をしています。

寒地土木研究所(CERI)

 北海道は国内でも特に厳しい冬期の気象条件下にあり、また、世界の積雪寒冷地における典型的な地
盤の一つである泥炭性軟弱地盤が国内で最も広く分布しています。寒地土木研究所は、このような北海
道に拠点を置き、寒地土木技術に関する先駆的な研究開発や技術指導を行うとともに、広く国内外の積
雪寒冷地に研究成果を普及させることにより、土木技術の向上を図り、良質な社会資本の効率的な整備
及び北海道開発の推進に貢献します。

Webページはこちら

技術開発調整監

寒地機械技術チーム

 積雪寒冷地における建設施工、施設管理、除雪、災害対策等について、多様化する社会のニーズに対応するため機械技術や情報通信技術を駆使した研究開発や技術支援に取り組んでいます。

寒地基礎技術研究グループ

寒地構造チーム

 地震や落石、厳しい寒さなど、北海道の自然から橋や道路を守る技術の研究を行っています。合理的な橋やトンネル・ロックシェッドの設計法や耐久性向上のための研究、地震災害や被害予測に関する研究など。

寒地地盤チーム

 寒冷地に広く分布する泥炭性軟弱地盤に建設される土木施設について、長期沈下やすべり破壊などの問題を解決し、その安全性、経済性、耐久性を高めるための技術に関する研究を行っています。

防災地質チーム

 斜面災害から人々の暮らしを守るために、崖崩れや地すべりなどの監視システムや予測技術に関する研究を行っています。急斜面抽出手法の開発、看板崩落監視システム、地質調査・計測システムの合理化に関する研究など。

寒地保全技術研究グループ

耐寒材料チーム

 厳しい自然環境においてコンクリート構造物を建設・維持していくため、コンクリートに関する幅広い研究開発を行っています。凍害、塩害をうけるコンクリートの診断評価や耐久性に関する研究開発など。

寒地道路保全チーム

 積雪寒冷地における舗装技術やリサイクル技術、維持管理の高度化・低コスト化などに関する研究を行っています。建設副産物の活用方法に関する研究、低騒音舗装に関する研究、冬期路面対策としての凍結抑制舗装やロードヒーティングに関する研究、舗装構造、維持管理手法に関する研究など。

寒地水圏研究グループ

寒地河川チーム

 洪水を防ぎ、潤いのある河川づくりのため山から海まで広範囲の研究を行っています。河川の豊かな自然環境を保ちつつ、洪水から市民の生活を守るための研究など。

水環境保全チーム

 積雪寒冷地における河川、湖沼、湿原等の水域における水環境を保全するための研究を行っています。主たる研究テーマは以下の通りです。
・冷水性魚類の自然再生産可能な河道設計技術の開発
・融雪特性を考慮した濁度物質(SS)、栄養塩類等の流出機構の解明
・湿原及び河跡湖等での水域環境再生保持手法の開発

寒冷沿岸域チーム

 寒冷な気候や流氷の来襲といった過酷な自然条件を克服し、災害にも強い沿岸施設を整備するため、防風雪施設の設計法に関する研究、海氷の制御や氷力に関する研究、小型船舶の動揺対策に関する研究などを行っています。

水産土木チーム

 自然との調和、水産生物との共生を図るため、生息環境などに関する幅広い研究を行っています。水産生物によりよい環境を作るような沿岸構造物や港内の環境保全技術に関する研究など。

寒地道路研究グループ

北の道

寒地交通チーム

 積雪寒冷地における安全・快適な道路交通を確保するため、効率的・効果的な冬期道路管理に資する技術開発に係る研究、科学的分析に基づく寒地交通事故対策に関する研究及び北海道の地域特性及び交通特性を踏まえた道路構造・道路交通管理についての研究を行っています。

雪氷チーム

 吹雪や雪崩などの防雪対策、路面凍結予測や道路情報活用による冬期道路管理の高度化についての研究を行っています。道路交通における吹雪視程計測や視程障害時の安全支援、防雪施設の性能評価と性能向上した吹雪対策、豪雪時の雪崩危険度判定手法の研究など。これらの成果は、「道路吹雪対策マニュアル」などに反映されています。

寒地農業基盤研究グループ

資源保全チーム

 農村地域における乳牛糞尿を主体としたバイオマスの肥料化・エネルギー化の実用化技術を開発する研究を行っています。また、北海道特有の泥炭地等での環境保全にも配慮した農地の保全管理に関する研究も行っています。

水利基盤チーム

 実り豊かな農村環境をつくるため、農業を支える水資源利用と農業地域の環境保全などに関する研究を行っています。積雪寒冷地における水利施設の施工・維持管理、かんがい技術のシステム化、農村地域の土・水の保全に関する研究など。

特別研究監

 部に属さない特に重要な研究に関する業務を行っています。地域景観に関わる研究など。

水災害・リスクマネジメント国際センター(ICHARM)

 水災害・リスクマネジメント国際センター(ICHARM) は、日本政府とユネスコ間の合意に基づきユネ
スコの後援のもとで、平成18年3月に設立されました。
 わが国がこれまで長年にわたって蓄積してきた智恵や経験を生かして、世界の水関連災害の防止・軽
減に役立てるための研究、研修及び情報ネットワーキング活動を一体的に推進します。

Webページはこちら

水災害研究グループ

構造物メンテナンス研究センター(CAESAR)

 わが国の橋梁を始めとする道路構造物は、厳しい交通環境や自然条件にさらされています。また、今
後高度経済成長期に大量に建設された構造物が一斉に高齢化を迎えます。そのような中で、構造物の健
全性を評価し、維持管理する技術の確立を急ぐ必要があります。

Webページはこちら

橋梁構造研究グループ

先端材料資源研究センター(iMaRRC)

 材料資源分野では研究開発の高度化・多様化が進展していますが、これを他の研究機関等と連携しつ
つ進め、土木構造物の効果的な維持更新や低炭素循環型社会の構築に貢献することが求められています。
 このため、平成27年4月1日に先端材料資源研究センター(iMaRRC)を設置しました。

Webページはこちら

材料資源研究グループ