舗装チーム 国立研究開発法人 土木研究所  
HOME 研究テーマ 研究施設 スタッフ 発表論文 他 リンク こどもページ English Page 国立研究開発法人 土木研究所
Pavement Research Team HomePage  
お知らせ

書籍等
研究成果が反映された 「舗装点検必携 平成29年版」が道路協会より発刊されました(2017/04/28)

成果普及
EE東北’17 (2017/06/07-08)において、「新型凍結抑制舗装」の技術紹介を行います。
更新情報 「スタッフ」を更新しました(2017/04/03〜)
成果普及 第21回 舗装工学講演会 (2016/12/08-09)において、「短い測定間隔による修繕前後のFWD構造評価結果」など6編の研究成果の発表を行いました
広報 「土木の日」一般公開(2016/11/19土)において、舗装走行実験場を公開します。無人荷重車の実走行や舗装の役割について説明しました
成果普及 第71回 土木学会年次学術講演会 (2015/09/07-09)において、「移動式たわみ測定装置(MWD)の測定精度に関する検討」など9編の研究成果の発表を行いました
募集 共同研究「移動式たわみ測定装置(MWD)の実用化に関する共同研究」を募集しています(応募〆切:2016/03/14月まで) 詳細は→こちら(終了しました)
募集 共同研究「未利用アスファルト材料を用いた床版舗装の適用性に関する共同研究」を募集しています(応募〆切:2016/02/22月まで) 詳細は→こちら(終了しました)
成果普及 土研新技術ショーケース2015 in 静岡(2015/12/18金)において、「 凍結抑制舗装(ゴム粒子入り凍結抑制舗装) 」と題した講演を行いました

書籍等
研究成果が反映された 「コンクリート舗装ガイドブック2016」が道路協会より発刊されました(2016/03/25)
BackNumber

こどもページ
ほそうって、こんなんだゾゥ?

研究概要
 耐久性と機能性に優れた舗装技術の開発 荷重車
   舗装チームでは、大切な資産を長期にわたり有効に活用するため、舗装の合理的・経済的なマネジメントに資する研究,舗装の性能評価に関する研究,舗装の理論的な設計に関する研究などを行っています。また、快適で災害の少ない街づくりや、循環型社会の形成に対応することを目的とした舗装技術に関する研究などを行っています。
  ○ 舗装のマネジメントに関する研究
    限られた予算のもとでより合理的な舗装管理を行うための技術開発として、道路利用者や沿道住民、道路管理者などの視点から、舗装の管理目標、舗装の長期的な経済性を検討するライフサイクルコストを考慮した戦略的な維持管理手法などについて研究を行っています。
  ○ 舗装の性能評価に関する研究
    舗装工事の性能規定化への対応や新材料・新工法の採用のため、舗装の性能を客観的に評価するための新しい評価手法の研究を行っています。
  ○ 舗装の理論的な設計に関する研究
    新技術の積極的な舗装への適用を可能にするため、舗装の理論的な設計手法の研究を行っています。          
  ○ 環境の改善を目的とした舗装技術に関する研究
    都市の洪水抑制を目的とした舗装、熱環境改善を目的とした舗装、舗装のリサイクルなどの技術開発を行っています。 

研究テーマ
■路床及び路体の締固め状態を考慮した道路舗装の設計・施工に関する研究
■循環型社会に向けた舗装リサイクル技術に関する研究
■舗装マネジメントの効率化に関する研究
■床版防水に配慮した橋面舗装の打換え技術に関する研究
■コンクリート舗装の維持修繕に関する研究
■海外における舗装及び土工に関する技術基準類のあり方に関する研究

つくば舗装技術交流会(TPT)
つくば舗装技術交流会(TPT)の研究活動については→こちら
発表論文 他
■発表論文
■土研資料共同研究
■書籍指針・便覧等
■特許
研究室紹介
■スタッフ
 
関連リンク
■国内
■海外
研究施設&試験機

舗装走行実験場
舗装走行実験場

荷重車
荷重車

荷重車
舗装路面騒音研究施設

FWD検定施設
FWD検定施設

繰返し載荷試験装置
繰返し載荷試験装置

衝撃式たわみ測定機
衝撃式たわみ測定機

SUPERPAVE せん断試験機
SUPERPAVE せん断試験機

道路技術研究グループ
上席研究員(特命)
舗装チーム
トンネルチーム

ISAP TOKYO 2017
ISAP 2017 東京会議
 
国立研究開発法人 土木研究所 道路技術研究グループ 舗装チーム
Copyright (c) (2008) by PWRI
Acrobat Reader当ホームページではPDF形式で作成されたファイルで情報を提供する場合があります。
PDF形式のファイルを閲覧するためのアクロバットリーダーは、アドビシステムズ株式会社のホームページで無償で提供されています。
右のアイコンをクリックするとアクロバットリーダーをダウンロードすることができます。