実験河川を活用して河川における自然環境の保全・復元方法について調査・研究を行っております

サイトマップ お問い合わせ リンク English
独立行政法人 土木研究所 自然共生研究センター サイト内検索

センター紹介
自然共生研究センターとは
研究課題
研究者の一覧
研究成果
ARRCNEWSより
活動レポートより
研究論文等の一覧
研究コラム
環境評価ツール
技術相談
技術相談について
技術相談の例
イベント
最近のイベント
過去のイベント
ダウンロード
ARRCNNEWS
活動レポート
動画
利用案内
見学のご案内
交通アクセス
研究成果
HOME > 研究成果 > 環境評価ツール
環境評価ツール

中小河川の河道計画・設計における河道の安定性、河川の環境や維持管理に関する検討に利用することを目的として、「EvaTRiP(Evaluation Tools for River environmental Planning)」の公開をしています。
現状のツールでは、以下の4つの機能を有しています。
@護岸要否の評価:流速に対して護岸の要否箇所を評価することができます。
A移動限界粒径の評価:砂礫が移動を開始する限界の単一粒径を評価することができます
B陸生植物生育可否の評価:河道内の陸生植物の生育の有無について評価することができます
C魚類生息場の評価:魚種の生息場評価(Habitat Suitable Index)を評価することができます。

 今後の川づくりにおいては、計画の初期段階から環境や維持管理についても定量的な評価を行い、目標流量の流下と環境・維持管理の双方を満足する河道の形状を模索していくことが重要となります。 この解消の1つの手立てとして、河道計画の際に手助けとなるツールを試行的段階ではありますが、提供することとしました。
 今後は機能をより拡充し、治水・環境・維持管理を計画から設計までを一体的かつ短時間で検討できるツールとシステムにしたいと考えています。
 なお、今回提供したツールによって得られた評価結果は計画・設計を行うための一つの材料であり、これ以外の様々な条件を勘案して断面設定等の判断を行う必要があります。 例えば、魚類の生息場評価は、流れの計算に基づく流速や水深から得られるある魚種の生活史の一段階における生息場ポテンシャルの評価結果であり、多様性を保全するためには、 連続性や生物間相互作用等々な視点を踏まえる必要があります。

これらの点に留意いただき、本ツールを活用されることを期待しています。

なお、本ツールは現場でより有効活用していただけるよう、今後も適宜更新を行っていく予定です。


ツールのダウンロード先
iRICのweb上でログインの後に、EvaTRiPがダウンロードできます。
SIモデルのデータ集(参考)
PAGETOP↑
国立研究開発法人 土木研究所
自然共生研究センター

〒501-6021 岐阜県各務原市川島笠田町官有地無番地
TEL : 0586-89-6036 FAX : 0586-89-6039
Copyright © PWRI, Japan. All Rights Reserved.