国立研究開発法人 土木研究所

土木研究所を知る

自然共生研究センター開所20周年記念シンポジウムのご案内

自然共生研究センター開所20周年記念シンポジウム
日 時:平成30年11月21日(水)13:30~17:00
場 所:岐阜市文化センター
住 所:〒500-8842 岐阜県岐阜市金町5丁目7−2
テーマ:これからの河川環境研究を展望する
参加費:無料
定 員:500名
主 催:国立研究開発法人土木研究所
後 援:国土交通省中部地方整備局
CPD(土木学会)、CPDS(全国土木施工管理技士会連合会)の認定を受けています。
申込み方法
自然共生研究センター開所20周年記念シンポジウム申込みはこちら
プログラム:
※シンポジウムチラシはこちらpdfファイル(2.59MB)からダウンロードいただけます。
13:00 受付
13:30 主催者挨拶 土木研究所理事長 西川 和廣
 来賓挨拶 国土交通省中部地方整備局長 勢田 昌功
13:40 基調講演 『河川法改正と河川環境研究20年』
 名古屋大学名誉教授 辻本 哲郎
14:20 共生センタ-の軌跡及び研究報告
15:00 休憩
15:15 パネルディスカッション
『これからの河川環境研究はどうあるべきか』
 パネリスト:兵庫県立大学教授 佐川 志朗
       岐阜大学 准教授 原田 守啓
       熊本大学 准教授 皆川 朋子
       国土交通省河川環境保全調整官 舟橋 弥生
 コメンテーター:名古屋大学 名誉教授 辻本 哲郎
 コーディネーター:自然共生研究センター長 中村 圭吾
16:55 閉会挨拶 水環境研究グループ長 萱場 祐一
17:00 閉会
(敬称略)
シンポジウム後、懇親会を開催いたします。
(18:00~ 会場:岐阜ワシントンホテルプラザ 参加費 ¥5,000)
会場準備の都合上、予めご予約をお願いします。
※申込み後に懇親会をキャンセルされる場合は、11月16日(金)午前中までとなります。
お手数ですがお早めにお電話でのご連絡をお願いいたします。
会場のご案内
岐阜市文化センター(岐阜市金町5丁目7番地2)

 詳細を見る

■自動車をご利用の場合
・名神高速岐阜羽島ICから 岐阜環状線経由で約40分
・名神高速一宮ICから 国道22号を北進し、岐阜市街経由で約40分
※岐阜市文化センターには駐車場がありません。ご来館の際は公共交通機関をご利用ください。又は、近隣有料駐車場をご利用ください。
■電車をご利用の場合
【JR東海道本線をご利用の場合】
・JR名古屋駅からJR岐阜駅まで 新快速18分
・JR岐阜駅から徒歩10分
【名古屋鉄道をご利用の場合】
・名鉄名古屋駅から名鉄岐阜駅まで 特急24分
・名鉄岐阜駅から徒歩10分
※それぞれの駅から約700mほどの距離です。
■岐阜バスをご利用の方
※JR岐阜駅バスターミナル
10番「旦の島」「南柿ヶ瀬」、11番「市内ループ右まわり」で岐阜市文化センター金神社前下車徒歩1分
※名鉄岐阜駅バスターミナル
5番「旦の島」「南柿ヶ瀬」で岐阜市文化センター金神社前下車徒歩1分
■バス利用の場合は、所要時間約5分
※バスの路線には変更がある場合があります。乗られる際には、一度バスターミナルや運転手の方にご確認ください。
■参加される方へ
・悪天候が予想される場合には、プログラム内容を変更・中止する場合があります。開催の有無はお問合せください。
問い合わせ先
国立研究開発法人土木研究所
自然共生研究センター
〒501-6021 岐阜県各務原市川島笠田町官有地無番地
TEL:0586-89-6036
e-mail:kyousei4(a)pwri.go.jp
※メールを送信する場合は(a)を@と変更して下さい。