土質チーム
メニューバー
ホーム>トピックス>液状化による堤防の沈下量簡易推定法
 
コンテンツ
ホーム
トピックス
中小河川の浸透による被災事例を踏まえた点検のポイント
堤内基盤排水対策マニュアル(試行版)
■液状化による堤防の沈下量推定法
河川堤防の液状化対策の手引き/計算例
河川堤防の浸透に対する照査・設計のポイント
液状化判定法の検証
光ファイバセンサによる表層崩壊モニタリング技術)
HGS(ハイグレードソイル)
研究内容
研究成果
研究施設
スタッフ
沿革
特許
サイトマップ

土木研究所
メールアドレス
液状化による堤防の沈下量簡易推定法
                        

配布するプログラム(エクセルファイルに,各種パラメータ(@堤防高さ、Aのり勾配、B表層非液状化層厚、C液状化層厚、D液状化層の繰返し三軸強度比、E水平震度)を入力することにより,液状化による盛土の沈下量を簡易に推定します。





沈下量簡易推定法説明書

配布するファイルのイメージ

配布するファイル:
  Microsoft Excelマクロ有効ブック形式 「液状化堤防沈下量簡易推定プログラム.xlsm

使用上の注意:
配布するファイル(本著作物)は、広く活用していただくことを目的として無償にて配布いたしますが,著作権は(国研)土木研究所が保有しています。「使用許諾条件」の条項を全て理解し、同意された場合に,使用することができます。
また,あくまで簡易な推定法ですので、精度も方法に応じたものでしかありません。最終的な対策要否の判断や対策工の設計に当たっては,河川堤防の耐震点検マニュアル(平成283月)や河川堤防の液状化対策の手引き(平成283月)をもとに実施されることをお薦めします。

使用許諾条件:
・通知することなく随時本使用許諾条件を変更する権利を著作権者が有すること。
・本著作物の複製、頒布、譲渡、貸与または改変をしないこと。
・本著作物を利用した結果を公表または展示する場合は、本著作物を利用したことを明示すること。
本著作物の利用結果を他の者にサービスとして提供する場合は、本著作物自体の使用料について課金をしないこと。
・本著作物の使用によって生じる、直接・間接を含むいかなる損害に対しても、著作権者が 一切責任を負わないことに同意すること。

ファイルの配布方法:
以下の要領で,メールをお送りいただければ,返信メールに添付します。

宛先:doshitsu@pwri.go.jp
件名:液状化による堤防の沈下量簡易推定法

本文:配布希望の旨,ご所属,お名前(メールの署名で可)をご記入ください。

その他:
お気づきの点がございましたら,上のメールアドレス宛てにご連絡ください。

担当:石原


−連絡先−
国立研究開発法人土木研究所地質・地盤研究グループ土質・振動チーム
〒305-8516 茨城県つくば市南原1-6 TEL: 029-879-6771 FAX: 029-879-6735

Copyright (C) 2008 国立研究開発法人土木研究所