土質チーム
メニューバー
ホーム>トピックス>堤内基盤排水対策マニュアル(試行版)
 
コンテンツ
ホーム
トピックス
中小河川の浸透による被災事例を踏まえた点検のポイント
■堤内基盤排水対策マニュアル(試行版)
液状化による堤防の沈下量推定法
河川堤防の液状化対策の手引き/計算例
河川堤防の浸透に対する照査・設計のポイント
液状化判定法の検証
光ファイバセンサによる表層崩壊モニタリング技術)
HGS(ハイグレードソイル)
研究内容
研究成果
研究施設
スタッフ
沿革
特許
サイトマップ

土木研究所
メールアドレス
堤内基盤排水対策マニュアル(試行版)
                        

 堤内基盤排水対策マニュアル(試行版)を公表いたします。
 近日中に、設計計算例、マニュアルを作成するにあたって実施した実験概要と併せて、土木研究所資料として取りまとめる予定です。


       堤内基盤排水対策マニュアル(試行版)



堤内基盤排水対策とは、・・・

 河川堤防の基礎地盤の表層に透水性の低い被覆土層が堆積し、その下に透水層が存在する箇所では、洪水時に河川水位が上昇すると、透水層から作用する揚圧力により被覆土層が膨らむように変形(盤膨れ)し、さらには被覆土層を突き破り、水や土砂が噴出することがある。このような現象は基盤漏水の一種であり、最悪の場合には堤防決壊の原因にもなり得る。

 我が国の河川の沿川では、古くから様々な河川で基盤漏水が生じており、そのうちの多くの箇所で堤防直下の透水層への水圧伝播や水の侵入を抑制するために、川表側に遮水矢板等を打設する川表遮水工法が一般的に実施されてきた。しかし、透水層が厚い、あるいは透水層が礫層等で固いと、遮水矢板等の打設が困難な場合もある。このような現場条件においても適用できる対策工法として、堤内地側のり尻付近に対策工を設置して、基盤透水層の水を穏やかに排水し、被覆土層に作用する揚圧力を低減する対策(以下、堤内基盤排水対策)がある。本マニュアルは、堤内基盤排水対策の設計、施工、維持管理の基本的考え方と手順を示すとともに適用にあたっての留意事項を整理したものである。

(はじめにより抜粋)

本資料に対するご意見やご不明な点、ご相談は、下記担当者にお寄せ下さい。
また、校正には十分注意しておりますが、本資料に誤字・脱字など見つけられましたら、どんな些細な間違いでも構いませんので、下記担当者までご連絡頂けますと幸いです。
ご協力宜しくお願い致します。

担当:石原、東、佐々木(doshitsu@pwri.go.jp)


−連絡先−
国立研究開発法人土木研究所地質・地盤研究グループ土質・振動チーム
〒305-8516 茨城県つくば市南原1-6 TEL: 029-879-6771 FAX: 029-879-6735

Copyright (C) 2008 国立研究開発法人土木研究所