国立研究開発法人 土木研究所

研究活動

流域における総合的な水循環モデルに関する研究

 河川流域では都市化や農業・林業形態の変化が進み、水質汚濁や生態系の変化など水循環に係わる様々な問題が顕在化しています。この問題に対処するためには、関係者の合意形成を図り、治水、利水、環境がバランスした健全な水循環を回復することが必要です。このため、提示される複数の代替案を、流域の特徴や問題などに応じて評価することのできる、物質流動や生態系への影響を加味した総合的な水循環モデルを構築するための研究を進めています。
(土木研究所・流域スケールの水循環と物質循環に関する研究情報サイトはこちらへ)

流域における総合的な水循環モデルに関する研究