国立研究開発法人 土木研究所

土木研究所を知る

土研新技術ショーケース2018 in 東京のご案内

平成30年度土研新技術ショーケース 2018年10月2日(火) 10:00~17:30 一橋講堂

日 時:平成30年10月2日(火) 10:00~17:30 ※受付9:30~
場 所一橋講堂
     〒101-8439 千代田区一ツ橋2-1-2 学術総合センター2階
参加費無料
定 員500名
主 催:国立研究開発法人土木研究所
               
後 援:国土交通省/(一社)建設コンサルタンツ協会/(一社)日本建設業連合会/
   (一社)全国建設業協会/(一社)全国測量設計業協会連合会/(公社)土木学会
参加登録フォーム申込はこちら
その他

土木学会CPD認定プログラム(8.0単位)
(一社)全国土木施工管理技士会連合会CPDS認定プログラム(4ユニット)

プログラム
                         
10:00~10:10
開会挨拶
土木研究所 理事長 西川 和廣
下水道技術, 河川技術, 地盤技術
10:10~10:30
消化ガスエンジン
先端材料資源研究センター(iMaRRC)  研究員 山崎 廉予
10:30~10:50
ダムの排砂技術
水理チーム 主任研究員 宮川 仁
10:50~11:10
既設アンカー緊張力モニタリングシステム(Aki-Mos)
[共同開発者]日特建設(株) 広島支店 技術部 技術課長 田中 尚
11:10~11:30
砕石とジオテキスタイルを用いた低コスト地盤改良技術(グラベル基礎補強工法)
寒地地盤チーム 主任研究員 橋本 聖
11:30~13:00

 11:35~11:50
 11:50~12:05
 12:05~12:20
 12:20~12:35
 12:35~12:50
技術相(12:00~12:30を除く)談
~プレゼンテーションコーナーでの講演~
 「ドローン搭載型電波式流速水位計」
 「土層強度検査棒」
 「土壌藻類を活用した環境に優しい表面侵食防止技術」
 「チタン箔による鋼構造物塗膜の補強工法」
 「トンネル補強工法(部分薄肉化PCL工法)」
特別講演
13:00~14:00
鉄道トンネル建設技術のあゆみと新たな挑戦 ~青函から羊蹄へ~ 
独立行政法人 鉄道建設・運輸施設整備支援機構 参与 服部 修一
道路技術
14:00~14:20
自然・交通条件を活用した道路トンネルの新換気制御技術
[共同開発者]株式会社創発システム研究所 営業部 営業部門 主任 古橋 和樹
14:20~14:40
緩衝型のワイヤーロープ式防護柵
寒地交通チーム 総括主任研究員 平澤 匡介
14:40~15:40

 14:45~15:00
 15:00~15:15
 15:15~15:30
技術相談
~プレゼンテーションコーナーでの講演~
 「低燃費舗装(次世代排水性舗装)、新型凍結抑制舗装、振動低減舗装」
 「塩分センサを活用した簡易塩害診断技術」
 「コンクリート用の透明な表面被覆工法」
国土交通省の講演
15:40~16:10
i-Constructionの「深化」に向けて
国土交通省 大臣官房 技術審議官 五道 仁実
コンクリート技術
16:10~16:30
コンクリート橋桁端部に用いる排水装置
構造物メンテナンス研究センター(CAESAR) 主任研究員 田中 良樹
16:30~16:50
モアレ縞を利用したき裂開口幅の測定法
先端材料資源研究センター(iMaRRC) 主任研究員 百武 壮
16:50~17:10
コンクリート構造物の補修対策施工マニュアル
先端材料資源研究センター(iMaRRC) 総括主任研究員 片平 博
17:10~17:15
閉会挨拶
国立研究開発法人 土木研究所 理事 山口 嘉一
17:15~17:30
技術相談タイム
会場のご案内
一橋大学 一橋講堂
(〒101-8439 東京都千代田区一ツ橋2-1-2 学術総合センター内)
最寄り駅:神保町駅A9出口より徒歩約4分(東京メトロ半蔵門線、 都営三田線、都営新宿線)
     竹橋駅1b番出口より徒歩約4分 (東京メトロ東西線)
問い合わせ先
国立研究開発法人土木研究所 技術推進本部
〒305-8516 茨城県つくば市南原1-6
TEL 029-879-6800 FAX 029-879-6732
E-mail showcase2018(a)pwri.go.jp
    ※メールを送信する場合は(a)を@と変更して下さい

==更新履歴==
平成30年8月   1日 ホームページを公開
平成30年8月  28日 CPD及びCPDSについて記載
平成30年9月   3日 チラシUpおよびプログラム更新
平成30年9月  18日 プログラム更新