国立研究開発法人 土木研究所

土木研究所を知る

土研新技術ショーケース2022 in 高松のご案内


講演資料(PDFファイル)を公開しました。講演の際、ダウンロードしお持ち下さい。

 掲載した講演資料は当日会場で配付致しませんので、必要な方は講演資料を各自で印刷してお持ち下さい。なお、「特別講演」および「地方整備局の講演」の資料は当日配付いたします。

  
令和4年度土研新技術ショーケース 2022年7月5日(火) 10:00~17:00 サンメッセ香川サンメッセホール

「土研新技術ショーケース」は、土木研究所の研究成果の普及促進を目的として、研究成果を社会資本の整備や管理に携わる幅広い技術者に、講演とパネル展示で紹介するとともに、技術の適用に向けて相談に応じるものです。

・入場、参加費は無料です。
事前登録制です。
・希望する講演だけ聴講いただくことが可能です。(CPD、CPDS希望者は除く)
【(1)会場開催】
日 時:令和4年7月5日(火) 10:00~17:00 ※受付9:30~
     〒761-0301 高松市林町2217-1
参加費無料
その他CPD(午前の部・午後の部 それぞれ発行します。)
    CPDS(1日参加のみ)

【(2)ライブ配信開催】
日 時:令和4年7月5日(火) 10:00~17:00
視聴方法:お申込み者に別途ご連絡いたします。
動画配信サービス:Zoomウェビナー、Vimeo(CPDの発行はありません)
参加費無料
その他CPD(午前の部・午後の部 それぞれ発行します。)

ショーケース(会場・ライブ配信)
参加申込み
ここから先は外部サイトへ移動します。
(株)イベントラボ(prd.event-lab.jp)の申込みシステムを使用しています。

主 催:国立研究開発法人 土木研究所
共 催:(一社)建設コンサルタンツ協会四国支部
後 援:国土交通省四国地方整備局、香川県、高松市、(一社)日本建設業連合会四国支部
    (一社)全国建設業協会、(一社)全国測量設計業協会連合会

※感染症予防対策の観点から、政府、都道府県の方針等によっては開催の中止、延期、
 またはWEB開催に急遽変更となる場合があります。

【感染症予防対策について】
1.開催方法について
 ・原則、事前申込みをされた方のみの参加とさせていただきます。

2.会場でご参加いただく皆様へのお願い  

 ・以下のような症状等がある場合は、参加をご遠慮いただきますようお願いします。
  また、1)に示す症状が確認された場合には、入場をお断りいたします。

   1)発熱37.5℃以上または平熱比1℃超過
     ※会場に設置する検温器での検温について、ご協力をお願いします。
   2)咳やのどの痛みなど風邪の症状
   3)臭覚、味覚の異状
   4)だるさ(倦怠感)、息苦しさ(呼吸困難)を感じる
   5)体が重く感じる、疲れやすいなどの症状
   6)感染が疑われる身近な知人や家族、または感染症陽性者との濃厚接触
   7)過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、
    地域などへの渡航ならびに当該在住者と濃厚接触
 ・ご来場の際は、マスクの着用、手洗いや手指の消毒をお願いします。
 ・ソーシャルディスタンスを確保し、受付では間隔をあけてお並びください。
 ・レセプションホール等での長時間の歓談は、お控えください。
 ・新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)のインストールをお願いします。

3.運営側の対応
 ・当日朝に検温し、「発熱37.5℃以上または平熱比1℃超過」でないことを確認します。
 ・全員マスクを着用します。
 ・会場の座席は間隔を確保するため、隣接しないよう配置します。
 ・満席や混雑状況によっては入場規制を行う場合があります。
 ・座席や机は、開場前に消毒します。
 ・講演者・司会者からの飛沫が及ばないよう、ステージと最前列席との間を十分にとり
  ます。

4.そのほか
 ・「新型コロナウイルス感染症禍におけるMICE開催のためのガイドライン 第4版」を
  ふまえ、上記の感染症対策を実施いたします。
 ・政府、都道府県の方針等により、本セミナーが中止となる場合は、本ホームページで
  告知し、お申込みの方全員にメールにてご連絡差し上げます。
上図をクリックするとPDFファイルが開きます。
CPD(会場、ライブ配信ともに発行します)
CPDS(会場開催参加のみ発行します)

(一社)建設コンサルタンツ協会認定CPDプログラム 
   午前:プログラム番号202206080009 CPD単位:1.41
   午後:プログラム番号202206080010 CPD単位:3.50

(一社)全国土木施工管理技士会連合会CPDS認定プログラム プログラム番号722492(3ユニット)

プログラム
10:00~10:10
開会挨拶
10:10~10:15
来賓挨拶
10:15~10:40
インデクシング(技術概要説明)
【河川技術】
10:50~11:10
非接触型流速計
河道監視・水文チーム
上席研究員 山本 晶
資料(4.6MB)
11:10~11:30
3D浸水ハザードマップ作成技術
寒地河川チーム
上席研究員 大串 弘哉
資料(12.9MB)
11:30~11:50
河川事業における環境DNAの活用
流域生態チーム
総括主任研究員 村岡 敬子
資料(5.6MB)
11:50~13:00 休憩
 特別講演
13:00~14:00
自律施工の技術開発促進に向けた取り組みについて
  ~土研OPERAの紹介~
技術推進本部
上席研究員 橋本 毅
【材料技術、砂防技術】
14:00~14:20
コンクリート用の透明な表面被覆と視認性評価方法
iMaRRC
総括主任研究員 佐々木 巌
資料(4.9MB)
14:20~14:40
メンブランパッチを用いたRGB色相による潤滑油診断技術
寒地機械技術チーム
主任研究員 永長 哲也
資料(3.8MB)
14:40~15:00
既設アンカー緊張力モニタリングシステム(Aki-Mos)
地すべりチーム
主任研究員 鷲尾 洋一
資料(11.4MB)
15:00~15:25 休憩、技術相談時間
 地方整備局からの講演
15:25~15:55
四国地方整備局におけるインフラDXの取組みについて
国土交通省 四国地方整備局 企画部
建設情報・施工高度化技術調整官 濵田 向啓
【道路技術・道路防災技術】
15:55~16:15
防水性に優れた橋面舗装
舗装チーム
主任研究員 川上 篤史
資料(6.5MB)
16:15~16:35
写真計測技術を活用した斜面点検手法
防災地質チーム
総括主任研究員 日外 勝仁
資料(27.0MB)
16:35~16:55
斜面表層崩壊影響予測シミュレーション(SLSS)
地質・地盤研究グループ
上席研究員 浅井 健一
資料(22.3MB)
16:55~17:00
閉会挨拶

【展示・技術相談コーナー】9:30~17:00

9:30~17:00の間は、講演技術をはじめ土研の新技術等についてパネル等を展示し、技術相談をお受けするコーナーを設けます。
各技術の担当者が直接技術相談をお受けします。

会場のご案内
サンメッセ香川(〒761-0301 香川県高松市林町2217-1 )
■JRご利用の場合:JR高松駅より
            ・車で約25分(約9Km)
            ・定期路線バスで約30分
■ことでんご利用の場合    :ことでん伏石駅より  バスで約11分(約4.5Km)
■高松自動車道ご利用の場合:高松中央インターチェンジより  車で約2分(約1Km)
■高松空港ご利用の場合  :高松空港より  車で約30分(約12Km)
問い合わせ先
国立研究開発法人土木研究所 技術推進本部
〒305-8516 茨城県つくば市南原1-6
TEL 029-879-6800 FAX 029-879-6732
E-mail showcase22(a)pwri.go.jp
    ※メールを送信する場合は(a)を@と変更して下さい

==更新履歴==
令和4年 6月 16日 ホームページ公開および参加お申し込み受付を開始しました
令和4年 6月 27日 講演資料,チラシを掲載しました