国立研究開発法人 土木研究所

研究活動

令和2年7月豪雨 関連情報

2020年9月1日

1.土木研究所の初動体制

 土木研究所は、国土交通省の非常体制入りと同時刻(7月4日4時50分)に非常支援体制に入り、被害状況の情報収集・共有に加えて、国土交通省等からの要請に対して専門家派遣を行う体制を整えました。

2.現地派遣状況概要

 土木研究所では、国土交通省等からの要請を受け、災害発生直後から職員を被災地へ派遣し、破堤箇所における調査や橋梁の被災箇所における調査等の技術支援に取り組んでいます。

派遣人数(9月1日時点)
7 8 合計 派遣内容 派遣先
5 8 10 11 13 14 15 16 17 18 21 27 4 14 都道府県 市町村等



3                           3 堤防調査 熊本県 人吉市
  2                         2 堤防調査 福岡県 久留米市
    2 2                     4 橋梁調査 福岡県 八代市・球磨村
        1                   1 堤防調査 熊本県
福岡県
人吉市
久留米市
          2 2 2 2 2         10 排水機場調査 熊本県 人吉市・球磨村
            2               2 道路災害調査 長野県 喬木村・天龍村
              3 3           6 土砂災害調査 長崎県 佐世保市
                    3       3 土砂災害調査 岐阜県 郡上市
                      2     2 土砂災害調査 宮崎県 串間市
                        1   1 道路災害調査 長崎県 平戸市
                          2 2 土砂災害調査 山形県 大蔵村
合計 36      

3.各分野における活動状況

橋梁分野