国立研究開発法人 土木研究所

土木研究所を知る

土研新技術ショーケース2020 in 高松のご案内

  
令和2年度土研新技術ショーケース 2020年12月3日(木) 10:00~17:05 高松商工会議所会館

日 時:令和2年12月3日(木) 10:00~17:05 ※受付9:30~
     〒760-8515 高松市番町2-2-2
参加費無料(出入り自由)
主 催:国立研究開発法人 土木研究所
共 催:(一社)建設コンサルタンツ協会四国支部
後 援:国土交通省四国地方整備局、香川県、高松市、(一社)日本建設業連合会四国支部
    (一社)全国建設業協会、(一社)全国測量設計業協会連合会

【感染症予防対策について】
 ・発熱など体調不良の方は参加を控えるようにお願いします。
  途中で具合が悪くなって帰宅される場合は受付に連絡願います。
 ・マスクの着用、手洗いや手指の消毒をお願いします。
 ・受付では間隔を空けてお並びください。
 ・講演会場では、間隔を空けて御着席ください。
 ・展示・技術相談コーナーでは、お一人ずつ相談・見学願います。
  (長時間の御相談はロビー等でお願いします)
 ・接触確認アプリ(COCOA)のインストールをお願いします。
  あわせて、LINEアプリ「かがわお知らせシステム」の利用もお願いします。
 ・満席や混雑状況によっては、入場規制を行う場合があります。
 ・政府の方針等によっては急遽中止となる場合があります。                 


【講演資料について】
 当日、土木研究所開発技術についての講演資料は配付致しませんので、必要な方は講演資料を
 各自で印刷してお持ち下さい。講演資料は11月に掲載しますので、よろしくお願い致します。
 なお、「特別講演」および「四国地方整備局の講演」の資料は当日配付いたします。                 

参加登録フォーム申込はこちら
CPD・CPDS

(一社)建設コンサルタンツ協会認定CPDプログラム 認定番号202010020003(5.75単位)
(一社)全国土木施工管理技士会連合会CPDS認定プログラム プログラム番号600531(4ユニット)

プログラム
第1講演会場(大ホール) 201会議室 第2講演会場(202会議室)
10:00~10:10
開会挨拶
国立研究開発法人 土木研究所 理事長 西川 和廣
展示・技術相談
 
10:10~10:15
来賓挨拶
国土交通省 四国地方整備局長 丹羽 克彦
10:15~10:50
インデクシング(1分間の技術紹介)
各技術の担当者
10:50~11:00 休憩(10分)
道路技術、地質・地盤技術 展示・技術相談 河川、道路技術
11:00~11:20
緩衝型のワイヤロープ式防護柵
寒地交通チーム 総括主任研究員 平澤 匡介
資料(1.1MB)  
11:00~11:15
 非接触型流速計
水文チーム 上席研究員 山本 晶
資料(2.1MB)  
11:15~11:30
 破堤拡幅の推定手法
寒地水圏研究グループ 上席研究員 前田 俊一
資料(2.1MB)  
11:30~11:45
 小規模河川横断工作物に設置可能な切欠き魚道
自然共生研究センター 主任研究員 林田 寿文
資料(2.1MB)  
11:45~12:00
 大型車対応ランブルストリップス
寒地交通チーム 総括主任研究員 平澤 匡介
資料(2.1MB)  
11:20~11:40
防水性に優れた橋面舗装
舗装チーム 総括主任研究員 寺田 剛
資料(1.3MB)  
11:40~12:00
地質・地盤リスクマネジメントのガイドライン
地質チーム 上席研究員 阿南 修司
資料(1.8MB)  
特別講演 展示・技術相談
 
13:00~14:00
コンクリート工の生産性向上方策とその効果
国立研究開発法人 土木研究所
 理事(兼)先端材料資源研究センター長 渡辺 博志
コンクリート技術、砂防技術、河川技術 道路技術
14:00~14:20
コンクリート用の透明な表面被覆と視認性評価方法
iMaRRC 主任研究員 佐々木 巌
資料(2.7MB)  
14:00~14:15
 自然・交通条件を活用した道路トンネルの
 新換気制御技術
<共同開発者> (株)創発システム研究所
業務部 営業部門 古橋 和樹
資料(2.1MB)  
14:15~14:30
 トンネル補強工法(部分薄肉化PCL工法)
<共同開発者> PCL協会会員:(株)IHI建材工業
開発部 課長 内藤 泰文
資料(2.1MB)  
14:30~14:45
 コンクリート橋桁端部に用いる排水装置
CAESAR 総括主任研究員 田中 良樹
資料(2.1MB)  
14:45~15:00
 低燃費舗装(次世代排水性舗装)
 、新型凍結抑制舗装、振動軽減舗装
舗装チーム 渡邉 真一
資料(2.1MB)  
14:20~14:40
地すべり災害対応のCIMモデル
地すべりチーム 主任研究員 竹下 航
資料(2.9MB)  
14:40~15:00
降雨流出氾濫(RRI)解析モデル
ICHARM 専門研究員 柿沼 太貴
資料(2.9MB)  
15:00~15:10 休憩(10分) 展示・技術相談
四国地方整備局の講演
15:10~15:40
四国地方整備局での新技術への取組みについて
四国地方整備局企画部 技術管理課長 片岡 浩史
河川技術 道路、砂防、緑化、地質・地盤技術
15:40~16:00
堤防決壊時に行う緊急対策工事の効率化に向けた検討資料
寒地水圏研究グループ 上席研究員 前田 俊一
資料(2.1MB)  
15:45~16:00
 カーボンブラック添加アスファルト
iMaRRC 主任研究員 佐々木 巌
資料(2.1MB)  
16:00~16:15
 既設アンカー緊張力モニタリングシステム
(Aki-Mos)
地すべりチーム 研究員 高木 将行
資料(2.1MB)  
16:15~16:30
 土壌藻類を活用した表面侵食防止工法(BSC工法)
<共同開発者> 日本工営(株) 沖縄支店
技術部 部長 冨坂 峰人
資料(2.1MB)  
16:30~16:45
 土層強度検査棒
地質チーム 主任研究員 矢島 良紀
資料(2.1MB)  
16:45~17:00
 大変位対応型孔内傾斜計
地すべりチーム 研究員 高木 将行
資料(2.1MB)  
16:00~16:20
排水ポンプ設置支援装置(自走型)
寒地機械技術チーム 主任研究員 永長 哲也
資料(2.1MB)  
16:20~16:40
3次元の多自然川づくり支援ツール
(iRIC-EvaTRiP &RiTER)
自然共生研究センター 主任研究員 林田 寿文
資料(2.3MB)  
16:40~17:00
気液溶解装置
(高濃度酸素水を用いた底層水質改善技術)
<共同開発者>松江土建株式会社 環境部 主任研究員
増木 新吾(島根大学客員研究員)
資料(1.8MB)  
17:00~17:05
閉会挨拶
(一社)建設コンサルタンツ協会 四国支部長 末澤 等
 

【展示・技術相談コーナー】9:30~17:00

9:30~17:00の間は、講演技術をはじめ土研の新技術等についてパネル等を展示し、技術相談を受けるコーナーを設けます。
各技術の担当者が直接技術相談を受けます。

会場のご案内
高松商工会議所会館(〒760-8515 高松市番町2-2-2)
最寄り駅:JR「高松駅」 徒歩約12分、タクシー約5分
      琴電「瓦町駅」 徒歩 約15分
    
問い合わせ先
国立研究開発法人土木研究所 技術推進本部
〒305-8516 茨城県つくば市南原1-6
TEL 029-879-6800 FAX 029-879-6732
E-mail showcase2020(a)pwri.go.jp
    ※メールを送信する場合は(a)を@と変更して下さい

==更新履歴==
令和2年 9月  7日 ホームページ公開および参加お申し込み受付を開始しました
令和2年 10月  6日 CPD,CPDSの単位数を追記しました
令和2年 10月  27日 チラシを掲載しました
令和2年 11月  16日 講演資料を掲載しました