実験河川を活用して河川における自然環境の保全・復元方法について調査・研究を行っております

English サイトマップ お問い合わせ
独立行政法人 土木研究所 自然共生研究センター サイト内検索

センター紹介
自然共生研究センターとは
研究課題
研究者の一覧
研究成果
ARRCNEWSより
活動レポートより
研究論文等の一覧
研究コラム
技術相談
技術相談について
技術相談の例
イベント
最近のイベント
過去のイベント
ダウンロード
ARRCNNEWS
活動レポート
動画
利用案内
見学のご案内
交通アクセス
研究成果
HOME > 研究成果 > 活動レポートより
活動レポートより
活動レポートは、年度ごとに発行しているアニュアルレポートで、研究成果をQ&A方式でわかりやすくまとめています。
H27〜26  H25〜24  H23〜H22  H21〜20  H19〜18  H17〜16  H15〜14  
H13〜H11

平成15年度研究成果
実験河川の上流・中流・下流区間では生産・呼吸速度は異なるのでしょうか?  
アユの餌としての付着膜の維持にも川底の攪乱は必要なのでしょうか?

水際植物は水中部と水上部に分かれます。水上の植物は魚にとって必要でしょうか? 
代替工作物で水際植物の機能は再現できるでしょうか?
 

コイ科魚類の子供達の恒常的な成育場所はどのような場所でしょうか?
 
河川流量の増減は魚類にどのような変化をもたらすでしょうか?

植物の種子は水中でどのような挙動を示すでしょうか?
 


平成14年度研究成果
洪水時に流れる物質は平常時と比較してどのように違うのでしょうか。
付着性藻類の流されやすさは、種によって異なるのでしょうか。

植物で覆われた川岸がコンクリート護岸に変わると、水生生物はどのように
反応するでしょうか。

フィールドで観察しにくい川の現象をわかりやすく伝えるにはどのような方法が考えられるでしょうか。


PAGETOP↑
国立研究開発法人 土木研究所
自然共生研究センター

〒501-6021 岐阜県各務原市川島笠田町官有地無番地
TEL : 0586-89-6036 FAX : 0586-89-6039
Copyright © PWRI, Japan. All Rights Reserved.